夏バテ対策にするべき食事法。摂るべき食べ物・飲み物と朝の習慣にしたい運動

 

blue-sky-196230_1920

 

夏バテとは、暑さによって自律神経が影響を受けることで精神的にも身体的にもバランスを崩すことです。

 

夏バテは、夏に影響を受けて秋口に体調を実際に崩すという意味で「夏バテ」と夏がついても実際に夏の期間に不調になることではないのです。

 

いずれにせよ、夏バテにならずに涼しい秋を迎えて万全な体調で楽しみが色々と多い季節をゆっくりと過ごしたいですよね。

 

そこで、今回は夏バテ対策に良い食事で摂るべき食べ物と飲み物、毎朝の習慣にしたい運動方法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

夏バテ対策に良い食事

 

food-1022674_1920

 

夏バテを経験する人の多くは、まず先に食欲が落ちてしまうことが症状悪化につながるのだそう。

 

気温が高く暑い日が続くと、それだけで自律神経が乱れて食欲が失せますが一度に沢山食べられなくても良いので少量ずつでも何回かに分けて食べると良いでしょう。

 

食事は体づくりの基本の一つなので、食事がスムーズに出来ないと栄養素も必然的に摂取できなくなり余計に体調不良に陥りやすくなります。

 

夏バテにならないように、エネルギーを蓄えておくためにもスタミナをつける必要があります。

 

・スタミナがつく食品(ビタミンB1,B2,クエン酸を含むもの)

○うなぎ ○豚肉(モモやヒレ) ○レバー ○枝豆 ○豆腐 ○玄米

○柑橘類 ○梅干し など

 

疲れた時は甘い食べ物が食べたくなりますが、暑い夏にはアイスクリームやかき氷など甘くて冷たいものが食べたくなります。

 

ですが、あまり摂り過ぎると糖質を分解するためにビタミンを使って血糖値を上げます。

 

血糖値が上がるとそれを下げようと体内でエネルギーを使うので疲れが増し、ビタミンが不足すると抵抗力が落ちてイライラの元にもなります。

 

冷たいもの、糖分が多い甘いものは一日一度にして頻繁に食べるのは控えるべきです。

 

また、適度に辛いものを食べることで胃腸が刺激を受けて食欲が増すので唐辛子を始め、ターメリックやクミンなどの香辛料を少し食事に取り入れるのも効果的です。

 

次のページでは、摂ると良い飲み物についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す