十和田湖冬物語2019!花火はいつ?おすすめ宿泊ホテル・ツアーをご紹介

十和田湖と言えば新緑が美しく、紅葉でも有名な場所。

冬は冬で、白銀の世界が楽しめますが人気のイベントとして十和田湖冬物語が開催されます✨

 

2019年は、2月1日(金)から24日(日)までの間と24日間となります‼

お祭りにしては長い期間開催されるので、都合をつけて行きやすいところも良いですね🎵

 

2019年の十和田湖冬物語の日程やおすすめ宿泊ホテル、ツアー、アクセス方法などについてご紹介します。

冬のお祭りも夏と違った楽しさがあるので思う存分楽しみましょう(*‘ω‘ *)

スポンサーリンク

十和田湖冬物語の日程

 

開催時期:2月1日(金)から24日(日)まで

開催時間:平日15時から21時まで、土日11時から21時まで

開催場所:十和田湖畔休屋

毎日のイベント

 

県境!利き酒:16時から

大雪像ライトアップ:17時から21時まで

光のトンネル・ゲート、メインツリー、さくらのツリー、ハートオブジェ:17時から21時まで

雪あかり横丁:平日15時から21時まで、土日11時から21時まで

酒かま蔵・かまくらバー:18時から21時まで

 

ステージイベント

 

2月2日 18時半:桜田マコトLIVE

2月10日 18時りんご娘、ライスボールLIVE

2月16日 18時半、17日 13時:なまはげ太鼓

2月24日 14時、18時半:よさこい北里三源色

 

基本的には毎日行うイベントと、期間限定で行うイベントがあります💡

イルミネーション、ライトアップは毎日見られますがステージイベントはその日限定で行われます。

 

花火は2種類ある

 

十和田湖冬物語の花火は2種類あり、1つは冬花火というものです。

冬花火は、毎日20時から見られるもので開催期間中24日間ずっと打ち上げされる予定です✨

 

もう1つは、ピンク花火の打ち上げで3月1日(金)から3月3日(日)まで行われます。

ピンクいっぱいの春らしい花火を見て、これからやってくる春を迎えられるようにしたいですね(*´ω`*)

 

会場までのアクセス方法

 

会場までは、シャトルバスと路線バスが出ています。

 

シャトルバス

 

七戸十和田駅から十和田湖畔を結ぶシャトルバスです。毎日運行で、料金は片道1000円。

 

路線バス

 

八戸駅西口から十和田湖までの路線バスで、料金は片道2670円で2日間のフリーパス切符は3000円。毎日運行。

 

十和田湖冬物語の会場に近いホテル・宿泊先

 

せっかくだから会場に近くてゆっくりお祭りを楽しめるほうが良い!そんな人の為に、会場に近いおすすめのホテルもご紹介します。

いずれも、徒歩数分で行ける距離になります。

 

十和田湖レークサイドホテル

 

湖畔近くのホテル。

十和田湖冬物語の会場までは徒歩5分ほどの距離。湖畔ならではの朝もやクルージングなども楽しめます。

 

湖畔の宿 民宿和み

 

温泉付きの民宿になります。十和田湖冬物語の会場までは、徒歩10分ほどの距離です。

十和田湖まで徒歩1分の距離なので、散策も楽しめます。

 

十和田湖畔温泉 とわだこ賑山亭

 

十和田湖冬物語の会場までは、徒歩8分ほどの距離です。美味しい海の幸や炭火料理が楽しめる宿。

 

また、せっかくなら良いホテルに泊まりたい!寒い冬は暖かい温泉でゆっくり過ごしたい!という場合は会場の近くではありませんが以下のホテルもおすすめです👇

 

  • 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
  • スーパーホテル十和田 天然温泉 奥入瀬の湯
  • 蔦温泉旅館

>>> じゃらんnet

 

ツアーもおすすめ

 

個人で全て手配するのはなかなか大変なもの。

特に、雪国での交通手段は限られてくるので個人手配が面倒な人はツアーを利用するのも良いでしょう。

 

阪急交通社では、2泊3日で添乗員付きのツアーが4万円台から出ています💡

十和田湖冬物語以外にも、青森の見どころがいっぱいつまったツアー内容となっています👇

 

  • 弘前公園
  • 津軽藩ねぷた村
  • 小坂康楽館
  • 八甲田ロープウェイ
  • 馬門温泉
  • 青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸
  • 立佞武多の館
  • 津軽鉄道ストーブ列車
  • ねぶたの家ワ・ラッセ

>>>格安国内旅行なら阪急交通社で!

 

寒いので防寒必須ですが、冬は冬でまた綺麗な十和田湖…。

お祭りも3週間以上と長期間楽しめるので、これを機会に雪国の良さも再発見してきましょう✨

 

冬のお祭りはこちらの記事もおすすめです👇

>>>2019年:さっぽろ雪まつりの日程!格安で泊まれるお勧めホテルをご紹介



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す