手の平のほくろは幸運の証!右手と左手・男女でも手相の意味は違う

メラノーマの特徴とほくろが出来る年齢

 

手の平のほくろは、足の裏と同様珍しい部位なので…

そこに出来るということはただ単に紫外線の影響でメラニン色素が蓄積したものではなく、メラノーマの可能性があるとよく言われます。

 

しかし、手の平や足の裏に出来れば必ずしもそうだというわけではなく特徴があるのでそれに近いものであれば注意したほうが良いでしょう。

 

メラノーマの特徴は、主に以下3つのものがあります👇

・形が丸くなく全体的にいびつ

・周辺に広がる

・色の濃淡が激しい

 

ほくろは基本的に真ん丸か、綺麗な丸でなくても大体まとまった感じの見た目💡

メラノーマの場合は、端がギザギザしていたりとにかく左右非対称な見た目のものが多いです。

スポンサーリンク

また、ほくろも盛り上がることはありますがメラノーマは盛り上がるというよりは広がることが多く、盛り上がってもほくろのように均一になるのではなくデコボコします。

 

色が濃い部分と薄い部分があり、滲んでいるようにも見えることが多いのが特徴。

ほくろは、子供のころから成長して成人しても出来ることがあり大体24歳くらいまでは急にほくろが出来ることはあるそうです。

 

なので、20代と言っても後半になってから気になるほくろが出来ればそれはほくろではない可能性があると言われています。

 

メラノーマは日本人では手足に出やすいと言われていますが、それ以外の部位に出来ることもありますし年齢関係なく発症するものなので気になったらまずは皮膚科を受診することが大事です。

 

まとめ

 

手の平にほくろがある意味と左右で違う占い、気を付けたいメラノーマの見分け方などについてご紹介しました。

私も実は大人になってから手の平にほくろが出来たので、ずっと気になってました…

 

おそらく、22歳か23歳くらいの頃に出来たものだと思うのですがかなり薄いシミのような死にぼくろでよく見ないとあまりわからないものなのですが…

ある時急に出来たのでびっくりしました。

 

しかし、当時そのことを周りの友人に話したところ手の平にほくろがあるとお金を手に入れて幸せをつかむという意味がある、と言っていて大事にしたほうが良いと言われました💡

 

私の手の平にあるほくろは、右手の薬指の下にある感情線のすぐ下にあるので感情的になりやすく死にぼくろですしあまり良い手相ではありません(^^;)

 

気になるほくろがあれば、小さなものでも今までレーザーで除去してきたので手の平のほくろも除去しようか考えています。

 

気になるほくろが出来たら、まずは皮膚科を受診してみて問題なければそのままにして良いと思いますし、それでも気になれば皮膚科や美容クリニックなどで除去してもらうのも一つの手段ですね。

 

以上、参考になれば幸いです✨



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket