白は神聖な色!心が疲れた時は白いインテリアで部屋をまとめよう

白は、昔から神聖な色の一つとして大切にされてきた色です。

今も、神聖な色であることは変わりはなくむしろ白色が与えてくれるメリットが改めて注目されています✨

 

心が疲れた時、一旦頭の中をリセットしたい時などは特に自分の身の回りに白色を取り入れてみると良いですよ‼

また新しくスタートして頑張るための元気がわいてくるはずです(‘ω’)ノ

 

ただ、白は綺麗すぎる色なのであまりにも白ばかり使い過ぎると逆に緊張した空間を生み出すことになり余計に心が疲れてしまうことがあります💦

なので、部分的に上手く白を取り入れるようにしてまとめてみましょう(*´ω`*)

 

今回は、

  • 白が持つイメージ、心理的な作用
  • インテリアに取り入れる方法

などについてご紹介していきたいと思います。

 

「最近モヤモヤするからちょっとここで一旦スッキリしたい」

「疲れているから家に居ながらにして簡単にリフレッシュできる方法があったら知りたい」

という人は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

白が持つイメージと心理的な作用

 

白と言えば何が思い浮かびますか?パッと思いつくものだと雲や雪、白鳥ユニコーンやペガサスなどでしょうか(´ω`)

結婚式で花嫁が着るウェディングドレスも教会も白を基調としていますよね💒✨

 

白には、清潔さ純粋さ無垢浄化、何色にも染まっていない=神聖な色という意味があります。これは風水的にも夢占い的にも同じ意味合い。

心理的な効果には、以下のようなものがあります👇

 

  • 清潔で綺麗なイメージを持たせる
  • 沈んだ気持ちを明るく爽やかにしてくれる
  • モヤモヤをリセットして新しい気持ちにしてくれる
  • 適度な緊張感と冷たさを感じさせてくれる
  • インスピレーションを与えてくれる

 

そのため、ちょっと疲れた時や頭の中を整理してスッキリしたい時これから心機一転何かを始めたい時に取り入れると良い色なのです(‘ω’)

白色を身の回りに取り入れる方法は、毎日一番よく使う場所に白を取り入れること💡

 

例えば、普通なら家で過ごす時間は寝る時間が一番長くなるので寝室に白を取り入れると良いです。

もし、リビングで過ごす時間が一番長いならリビングに白を取り入れましょう。

 

インテリアとして白を取り入れる方法

 

白をインテリアに取り入れる時は、全体的にというより部分的に取り入れることをおすすめします。

ベッド周りならクッションカバー、シーツ、布団カバーなどを白で整えます。

 

机周りなら、白系のクロスを敷いたり小物入れや置き物、ろうそくなどをまとめて配置する感じですね💡

普段よく居る場所、よく使う場所に白っぽいものをまとめて置いておくだけでOK。

 

置き物だと、陶器で出来たものを置いておくと良いですよ。

視界に入る機会が多くなることで、自然と疲れが取れたり頭の中が整理出来たり良いインスピレーションがわいてくるはずです。

 

私も、ちょっとなんだか色々疲れたなぁ…と思う時や考える事がたくさんあって頭の中がこんがらがっている時には寝室の机周りを白っぽいインテリアに変えます。

気分転換にもなりますし、心も頭もスッキリするのでおすすめです(*‘ω‘ *)

 

また、忙しくてこれから疲れそうだなぁという時や定期的に気分転換しておいた方が良いかも?と感じる時にちょこちょこインテリアを白っぽいものに変えておくと、疲れたり気分が落ち込むのを防ぐことが出来ますよ

 

ただし取り入れ過ぎには注意

 

白は適度に取り入れる分には良いのですが、あまり沢山の白を一つの空間に取り入れ過ぎると逆に疲れてしまいます(;´・ω・)💧

というのも、白には緊張感や冷たさを与える作用もあるからです。

 

結婚式や神事などで使われることの多い白ですが、病院でも白はよく使われている色。

病院に対するイメージってあまり良くないものではないですか?

 

病気をしたり怪我をした時にしか普通は行かないところですからね。

病院に居る時のような緊張感を家でもずっと感じていたら疲れてしまうので、真っ白過ぎない空間を心がけて自分がよく居る場所で視界に入る程度を心がけましょう。

 

ストレス発散法は色々とありますが、白いものを部屋に取り入れるだけでも簡単にだいぶスッキリするのでちょっと疲れた時や気分転換したい時はぜひ試してみてくださいね(´ω`)✨



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す