「ドラッグストア系×百貨店系」人気ハンドクリーム3選。べたつかないための塗り方とは?

女性であれば、必ずバッグの中には一つあると言われるほど多くの人が携帯しているハンドクリーム。

 

女性だけでなくても、手先を使う仕事の人、手が荒れやすい仕事の人は男性でも手放せない人は多いと思います。

 

ハンドクリームを使うことで、手や指先をしっかりと潤わせ手荒れを防ぎもちもちさせることが出来ますが保湿力があるとその分べたべたしてしまうのが難点です。

 

すぐに手先を使いたい時、パソコンをいじったり読書をするといった時に指先がべたついていると汚れも付きやすくなりますし使いづらくもなります。

 

その度に時間をかけてよく馴染ませてから作業を始めるというのも、面倒なので出来ればあまりべたつかないもので保湿が出来るものがあったらよいですよね。

 

そこで、今回は人気のおすすめハンドクリームランキング3選、べたつかせない為の塗り込み方と集中保湿したい時に使いたい手袋パックについてご紹介します。

スポンサーリンク

人気のおすすめハンドクリームランキング3選

 

一般的に、ハンドクリームと言えば主にドラッグストアなどで売っている手軽に安く買えるものと百貨店や専門店でしか買えない高級なものがあります。

 

安くても、保湿力が高いものも多いですし高級なものでも自分の肌に合うかはわからないので色々試してみて長く使い続けられるものが選べると良いですね。

 

まずは、ドラッグストアで気軽に買えるリーズナブルなものから人気のものをご紹介していきます。

 

①アベンヌ 薬用ハンドクリーム

伸びが良くべたつきもなく、塗った後はサラサラとしているけれど保湿はしっかりと出来るタイプ。
シンプルで清潔感があるボトルも携帯しやすいと人気です。

②アトリックス ビューティーチャージ

水仕事で手が荒れがちな人、美容師さんにも好まれやすい美容液ハンドクリーム。
無香料タイプ、香料タイプがあり夜用タイプもあるのでシーンに合わせて選びやすいのもポイントです。

③ニュートロジーナ ノルウェーフォーミュラハンドクリーム

テクスチャーはやや硬めですが、適量を取ればベタベタすることもなくしっとり滑らかになるタイプです。
乾燥からも寒さからも、手を保護してくれます。

 

ドラッグストア系ハンドクリームでは、手タレさんで愛用者が多いと言われる「ユースキンA」や全身に使える「ヴァセリン」なども人気です。

 

ですが、ユースキンAは独特の漢方っぽいような香りがすること、保湿する分ベタベタしやすいので好みが分かれやすく、どちらかというと酷い乾燥肌、手先が荒れやすい人向けだと思います。

 

ヴァセリンに関しても、べたつきやすいので普段使いというよりは乾燥が酷い時に使ったりパックとして使うほうが良いのかもしれません。

 

続いて、一本数千円はすることもある高級ハンドクリームでべたつきにくい人気のものをご紹介します。

 

①キールズ ハンドザルブ

テクスチャーが硬めの割に手に馴染みやすく、少量でもつけやすいタイプ。
ほんのりふわっと香る柔らかい香りなので、会社でも仕事中に使いやすいと評判です。

②ロクシタン シアハンドクリーム

多くの人に愛されているロクシタンは、香りが豊富なのが魅力です。
自分の好みの香りのものを選びやすく、さらっとした使い心地、チューブがスタイリッシュなのも人気。

③ジュリーク ローズハンドクリーム

こっくりしたクリームですが、よく伸ばすとべたつくこともなく抜群の使用感です。
とにかく香りが良いと評判で、優雅な気分に浸れるというのも他のハンドクリームにはない魅力です。

 

ハンドクリームと言えば、必ず名の上がるロクシタンはもはや定番アイテムですが周りにも持っている人が居るから被るという時はキールズやジュリークも良いですね。

 

人工的な香りというより、自然な香りに近い香りを感じることでリラックス効果が得られるというのもドラッグストア系ハンドクリームにはない魅力なのかもしれません。

 

あまり高価なものだとついケチってしまい、なかなか普段使いが出来なくなってしまうこともあります。

 

値段というよりは、使い心地や求める保湿力などを第一に選ぶと良いですね。

 

個人的には、つい最近はユースキンA、アベンヌ、その次がロクシタンのラベンダー、と毎回コロコロ変えて色々なメーカーのものを使っているのですが、今はユースキンSのローションに落ち着いています。

 

チューブタイプのミッフィーちゃんのもので、全身に使えるタイプのローションです。

 

今までハンドケアと言えば、ハンドクリームばかり使っていたのですがどれもべたつきだったりヌメリが気になることが多く、塗った後にすぐにパソコンがいじれないというのが気になっていました。

 

保湿力が高いものだとテクスチャーが硬く、塗り過ぎるとベタベタになるので少量を上手く少しずつ使わないといけなかったので、もっと楽にケア出来たらいいなと思っていました。

 

ユースキンSは、化粧水と乳液の間くらいかなりサラサラしているので沢山手にとっても滑るように全体に塗れますし一切べたつかずに適度に保湿されます。

 

しばらく経っても、塗った部分を手で触るとべとべとすることもなくスベスベしているので気に入っています。

 

私は乾燥肌ではないですし、手荒れもなくあまり乾燥が気になることもないタイプなので適度に保湿をしたい、しっとりというよりはサラサラ、スベスベの手にしたいという人に向いていると思います。

 

どんなハンドクリームを使ってもべたつきが気になるという場合は、そもそも塗り方が間違っているということも考えられます。

 

肌に馴染むようにしっかり塗ることで、べたつきを防いで保湿することが出来るでしょう。

 

次のページでは、手に良くなじませるための塗り方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す