アレンジした盛り付けが肝心!七夕にそうめんを食べる意味や由来まとめ

食べる習慣のある地域

somen

七夕にそうめんを食べる習慣があるのは、全国的にも有名な七夕祭りが開かれる仙台市が中心。

 

その他の地域では、そうめんの生産量が全国的にもトップクラスになる九州地方などの一部の地域で食べられていますね。

 

夏は、気温が高く体調を崩しやすい時期でもあるため食欲も減退しやすく何か冷たいものが欲しくなる時期でもあります。

スポンサーリンク

そのため、最近では夏にふさわしい食べ物として意図せずとも七夕にそうめんを食べるケースも増えているとか💡

 

細くて食べやすい、冷やして美味しく食べられるということから夏に定番の食べ物ということで七夕にも食べられるようになっていったのかもしれませんね。

 

そんなそうめんですが、盛り付けを少し工夫するだけで一気に七夕の雰囲気が出ると色々な盛り付け方が登場しています(*‘ω‘ *)

 

家で短冊などの飾りをするのも良いですが、七夕定番の食事として盛り付けしたそうめんで食卓を飾るのもまた良いですね。

 

最後のページでは、七夕に挑戦したいそうめんの盛り付けについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket