アレンジした盛り付けが肝心!七夕にそうめんを食べる意味や由来まとめ

色とりどりの盛り付けが肝心

t7

出典:cookpad

そうめんはさっと茹でて、後はそのまま汁につけて食べるというとってもシンプルな料理ですよね。

 

素材がシンプルな分、色々な種類の薬味を用意して一緒に食べるのもまた良いものです✨

 

見た目的に言えば、質素で地味なイメージで少し華やかさに欠けるため七夕に食べるそうめんは盛り付け、飾りつけが肝心(^^)

 

たまごやキュウリ、ハム、トマト、などの具材を上手く使いながら彩りを考えて作ると華やかになります。

スポンサーリンク

t77

出典:cookpad

星やハートなどの型で具材をただくり抜いて飾るだけでも、一気に七夕の雰囲気が出るようになります。

 

食紅を何種類か使って、そうめん自体に色を付けてしまうのもまた良いですよね(*´ω`*)

 

せっかくなので、より七夕らしさを追求したい場合は食紅を使ってカラフルなそうめんにすると楽しめちゃいますね。

 

作るのも、見るのも、食べるのも楽しめるので子供と一緒に作るのも良さそうですね(^^♪

 まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

七夕にそうめんを食べる意味や地域、アレンジしたい盛り付け方などについてご紹介しました。

 

七夕は一年に一度しかない貴重なイベントなので、自宅でも出来る限り精一杯楽しめると良いですよね。

 

そうめんは、うどんやそばなどと同様に消化が良く夏に持ってこいな食材であるため七夕にはふさわしい料理であると言えます。

 

そうめんを食べて涼みながら、暑さから疲れやストレスも溜まりやすい体調を崩しやすい夏もなんとか乗り越えて行けそうですね(*´ω`*)



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket