カットバンと絆創膏・リバテープ・サビオの違いとは?由来もご紹介

ちょっと指先とかを怪我した時に使う「アレ」

あなたは普段なんと呼んでいますか?県外の友人が出来た時に、全く別の呼び方で何それ?と思ったことはないですか(´ω`)

 

私も社会人になってだいぶ経ち、色々な地域出身の人と関わるようになってから気づいたんですが…

全国でもけっこう呼び方が違うんだなぁと思ったんです💡

 

そこで今回は、全国で違う呼び方とその由来についてまとめてみました。

それぞれの地域で特有の方言ってあるものですが、一つの単語でここまで色々呼び方があるのはこれくらいなんじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

全国で呼ばれている呼び方は全部で6種類

 

北から南の順にざっくり分けるとこんな感じになります👇

 

北海道:サビオ

東北:カットバン

関東・関西:バンドエイド

北陸:絆創膏、キズバン

九州:リバテープ

 

けっこう、というかだいぶ違いますよね(;´・ω・)

ちなみに私は東北出身なので、基本カットバンと言います。バンドエイドや絆創膏、キズバンもわかります。でも、認知度は一番キズバンが低いらしいですね…(;’∀’)

 

でも、サビオとリバテープは社会人になるまで聞いたことがありませんでした💧

社会人になってから4年目くらいの時に、北海道出身の先輩が出来て仲良くなりました(*‘ω‘ *)

 

ある時、確か仕事の帰りに私が指先をちょっと怪我してしまったんですよね。

その時に、突然「サビオ持ってる?」と聞かれたんですよ。それを聞いてびっくりしてしまって。

 

「え?サビオ?って何ですか???」って聞き返したら、先輩も返答に困ったようで「あれ?サビオって知らない?ほら、ちょっと怪我した時に貼り付けるやつ?」と。

後で調べようと思ってとりあえずメモ帳に「さびお」って入力したのを覚えてます。

 

それで、さびおって何なんだろう…?って思いながら調べたら北海道ではカットバンをサビオと呼ぶのだということを知りました。

リバテープは九州の友人も使ってなかったので、会話では聞いたことないですね。

 

もっともメジャーなのは絆創膏

 

やっぱり一番メジャーなのは絆創膏。絆創膏だけが唯一一般名称ですからね。

あとは全部商品名なんですね…!商品名の中ならやっぱり関東や関西で使われることが多い、バンドエイドが一般的なのかもしれませんね。

 

ちなみに、サビオは今はもう製造中止となっているので今後はサビオ以外の呼び方が広まっていくことでしょう。

でも、独特な呼び方だったのでサビオがなくなるのはちょっと残念💦

 

そして、絆創膏として国産商品を一番最初に生み出したのはリバテープと言われています。その後色々な商品が出てどんどん普及していったとか。

リバテープは会話で使うのを一度聞いてみたいですね。

 

結論:由来は一般名+商品名だった

 

なんかこれほど色々な呼び方がある物も珍しいですよね。

なぜ商品名のほうが浸透していったのか、それも地域別で数種類の商品名が別々に浸透していったのか…

 

謎は深まるばかりですが、地域ネタとして色々な地域出身の人と会話を楽しみたいですね(*´ω`*)

カットバンに関する記事はこちらもおすすめです👇

>>縦に切り込みを入れるだけで取れない!指先の絆創膏の貼り方・巻き方とは?



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す