人の長所と短所は共通している、それは「忘れる」ということ

全ての人に共通する、人の長所って何なんだろうか。

逆に短所は何なんだろう…?

 

長所も短所も理解できれば、上手く付き合っていくことできっと人生もより良いものに変えていけるのではないかと思います✨

 

ふとそんなことを考えていたら、人の長所と短所は同じなんじゃないかと思うようになりました💡

 

それは、「忘れる」ということです。

スポンサーリンク

人の長所は忘れること

 

人の良いところ、皆どの人も持つ良いところって何だろうな…と考えていたらそれはきっと「忘れる」というところなんじゃないかと思いました。

 

人は、忘れることが出来るから悲しいことも辛いことも忘れて前に進めるんじゃないかと思います💡

 

もちろん、辛い記憶や心の傷は完全に消えることはないかもしれません。

でも、時間が経てば経つほど少しずつ薄れていくのは確かです。

 

昨日のように思い出すことは出来ても、全く同じように痛みを感じることはないのではないでしょうか。

 

経験した時の衝撃を、数年数十年経った後も維持し続けるのは無理なことなのです。

 

時間が経ち、少しずつ記憶が古くなり新しい記憶が積み重なっていけば徐々に忘れていくものです。

 

もし、辛い記憶だけを毎日常に考えていたら生きるのがもの凄く苦しいことだと思います…

 

・時間が経てば忘れる

・新しい経験をして新しい記憶が積み重なれば忘れることが出来る

これは人間にとって最大の長所だと思います。

 

であると同時に、最大の短所でもあるのです。

 

人の短所もまた「忘れること」である

 

多くの人は、おそらく

「一度忘れないと思ったことは、この先何があっても絶対忘れない‼」

と考えていると思います。

 

一生の経験は忘れないもの。

確かに忘れにくいものですが、絶対に忘れないものではないのです。

 

人の記憶力はそこまで出来たものではありません💧

忘れないようにしていても、記憶の一部が欠損していたり他の記憶と混じっていたり…

 

そもそも、いつの間にか他の記憶とすり替わっていたりすることも少なくありません。

 

忘れることが出来るから、辛い記憶も少しずつ忘れてまた前に進んでいくことが出来るのですが…忘れるからこそまた同じ過ちをおかしてしまったりもします。

 

忘れるから失敗したり間違ってしまうことも多いと思うんです。

だから、忘れることは人間の長所であり短所でもあると思うんですよね。

 

長所と短所を理解して上手く付き合っていく

 

長所と短所さえ理解できれば、

あとはどう付き合っていくか?

どうすれば上手く付き合っていくことが出来るのか?

を考えることが大事です。

 

人間の良いところが忘れることなのであれば、辛いことや苦しいこともきっと時間が解決してくれます。

 

今すぐには無理でも、少しずつ忘れていくことが出来る。

どんなにイヤな経験をしても、

「いつかイヤな記憶から解放される時がくる」

と考えたら、どんなにイヤなことがあっても未来に少しは希望が持てそうじゃないですか?

 

逆に、忘れることが欠点でもあるなら絶対に忘れたくないことは書き記しておいたり記録・データを残すということを意識しましょう。

 

何十年経ってもハッキリと覚えていることもあると思いますが、自分が思っているよりも人の記憶力は万能ではないのです。

 

そこを補うために、記録・データを残すということを意識すれば忘れてしまうことで被る被害も最小限にすることが出来るのではないかと思います。

 

まとめ

 

人それぞれ性格も育った環境も違いますから、その人自身が持つ長所も短所もあってそれは人によって全く違うものだと思います。

 

でも、「人」の長所と短所で考えると忘れるところなのかなと💡

 

忘れることは、良いところでもあり良くないところでもあるので上手く付き合っていくことが辛いことを減らし自分の過ちや失敗を減らすことにつながるのではないかと。

 

私自身、今までの人生を振り返ると

「忘れることが出来たから、きっと今こうやって生きていられるんだよな」

と思うこともあれば

「忘れちゃうから同じ失敗をしてしまうんだよね、これからはもう二度と同じ失敗はしないようにしよう」

と思うこともあります。

 

忘れるという機能は誰でも持っているもの。

 

忘れやすいとか忘れにくいとか、個人差はあると思いますがこの長所と短所と上手く付き合っていくことで自分にとってのベストな人生を生きたいですね(*’ω’*)


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す