エコノミークラス症候群の症状と原因とは?予防するための運動・靴下

 

aircraft-994943_1280

 

エコノミークラス症候群とは、長時間同じ姿勢で居る時に起こる症状の一つです。

 

長時間のフライトで起きることが多く、飛行機での長旅が要因の一つとなって発症することで有名なので通称エコノミークラス症候群と呼ばれますが「静脈血栓塞栓症」という病気になります。

 

飛行機での発症が多いと考えられますが、飛行機の利用だけで起きるのではなく長時間同じ姿勢が保たれるのであれば車やバス、電車など他の交通機関でも発症する可能性があります。

 

ただ座っていただけなのに、同じ姿勢でいただけなのにそれが命を脅かす症状を引き起こすのであれば出来るだけ未然に防ぎたいものです。

 

そこで今回は、そんなエコノミークラス症候群の主な症状や原因、予防のための対処法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

エコノミークラス症候群の主な症状とは?

 

katakk

 

エコノミークラス症候群は、飛行機ではエコノミークラスの人だけが発症する疾患ではないですが、シートを十分に倒せず同じ姿勢を取りがちなエコノミークラスの人に多いです。

 

飛行機は、遠い距離で直行便だと着くまでに何時間もかかるのでその間にエコノミークラス症候群になり飛行機から下りる時に症状が出ることが多いのだそう。

 

エコノミークラス症候群にも種類があり、主に「下肢静脈血栓症」と「肺動脈血栓寒栓症」があります。

 

下肢静脈血栓症の場合は、足の細い血管内で小さな血の塊が詰まることで起きるのでふくらはぎの腫れや赤み、痛みなどがあり、だるい感じやむくみなどが見られます。

 

症状が軽いことが多いので、自分で明らかに体の調子がおかしいと感じることは少なく長時間のフライトだったから疲れたなと感じる程度の人が多いのだそう。

 

一方、肺動脈血栓寒栓症の場合は血の塊が肺の血管内で詰まることで引き起こるので強い胸の痛みや呼吸困難、気絶、脈拍の急激な増加などがあります。

 

症状が酷いと、病院へ緊急搬送する必要がある場合もあるので気を付けたい症状です。

 

血栓がごく小さいものであれば、症状に気づきにくく症状が自覚できる頃には酷い状態になっていることもあるようです。

 

エコノミークラス症候群は、誰にでも起きる可能性があると言われますが原因は一体何なんでしょうか。

 

次のページでは、症状が引き起こる主な原因についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す