心臓の上に手を置いて寝ると怖い夢を見る?!原因と対処法

「心臓の上に手を置いて寝ると怖い夢を見る」という話は聞いたことがないですか?

実際に今までに何度か経験したことがあるという人も多いと思います。それも高い確率で💦

 

その原因はとってもシンプルなものなんですが、知らず知らずのうちにクセで体に負担をかけてしまうと心臓の上じゃなくても怖い夢を見ることがあります。

体のどこかに手を置いて寝てしまう、という人は要注意です‼

 

今回は、

・心臓の上に手を置いて寝ると怖い夢を見る原因

・対処法

についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

心臓の上に手を置いて寝ると怖い夢を見る原因

 

「心臓の上辺りに手を置いて眠っていたら怖い夢を見た」

「最近毎日怖い夢ばかり見るなぁと思っていたら、心臓の上あたりに手を置いて寝ていた」

 

この原因は、心臓を圧迫することで体に負担がかかっていることです💡

ただ手を置いて寝ただけで圧迫されるの?体に負担になるの?と思うかもしれませんが、考えてみてください。

 

もし、何時間も同じ体勢で居たらそれだけで疲れませんか?

腰や膝が痛くなったり、ふくらはぎがむくんだり…ただ同じ姿勢を取っていただけでも疲れるものです💧

 

睡眠時間は人それぞれですが、6時間~8時間くらいが平均と考えるとその間同じ体勢で寝ていたらそれだけで体に負担となり疲れます。

それがただ心臓の上に手を置いているだけでも、体にとっては負担なんです。

 

それに、起きている時の呼吸は交感神経が働いていて自分で意識して出来るものですしある程度コントロールできるものです。

でも寝ている時の呼吸は副交感神経が働いているので、コントロールできません。

 

心臓が圧迫された状態で呼吸が続けば、寝苦しい状態となりその結果悪夢を見ることが多くなるんですね…(´;ω;`)

 

つまり、心臓の上に手を置いて寝ることで悪夢を見るというよりは体の一部を圧迫して寝苦しい状態になることで悪夢を見ます👀

 

なので、心臓じゃなくても圧迫すれば悪夢を見ることがあります。

関連:寝相が悪いと悪夢を見る?寝る時の環境も夢に影響する

 

もうこれで悪夢を見ない!対処法

 

悪夢を見ないようにするには、とってもシンプルですが心臓の上に手を置いたりせずに眠ることです。

腕を伸ばしたりして、体を圧迫しないように眠ること。

 

もし、どこかに手を置かないと落ち着かない!というのであればお腹の辺りに手を置いて寝ると良いですよ。

お腹は骨盤があるので手を置いても圧迫されにくいところだからです。

 

それに、冷えやすい部分でもあるので手の温度で温めることでむしろ体の負担も少なくなるかもしれませんね

あとは、睡眠環境を整えることも大事。

 

寝具が寝返りが打ちにくいとか、体温調整がしづらいとそれもまた悪夢を見る原因になるんです。

 

なので、なるべく体の負担を減らしながら眠れるように環境を整えましょう。

関連:怖い夢を見続けるのはあなたの習慣が原因かも?5つの習慣を見直してみよう

 

手を置いて寝るクセがある人は要注意

 

心臓の上もそうですが、胸の上で手を組んで寝たり頭の上に手を乗せて寝る人も居ますよね?

どこかに手を置いて寝る癖がある人は注意したほうが良いです✋⚠

 

これは私の話なんですが、ある時病院に居て背中が悪いらしく診てもらっているという夢を見ました。

 

医師も真剣な面持ちで、静まり返った病院で検査するのはなんとも居心地が悪かったんですがハッとして目が覚めたら本当に背中が痛いんですね。

ビックリして起き上がったら、背中とベッドの間にスマホが挟まっていました💦

 

おそらく寝る前にスマホをいじっていて、寝てから枕元にあったスマホが滑り込んで背中の下に入ってしまったと思うんですが…

背中の圧迫によって寝苦しくなり、夢に出てきたんだと思います。

 

また、ある時は夢の中で山の中を散歩していたら大きな蜂に遭遇して刺されました。

太いトゲのような針で頭を刺されてすごく痛くてハッと目が覚めたら、本当に額の辺りが痛いんです( ;∀;)

 

なんで?と思って、鏡を見てみたらどうやら手を乗せて眠っていたようで手の跡がくっきりついていました💧

この場合も、頭を圧迫したことで夢に現れたんだと思います。

 

なので、寝る時にどこかに手を置いて寝るクセがある人は高い確率で怖い夢を見やすいので気を付けたいですね。

 

手を置く時はおそらく仰向けで寝る時が多いと思うので、横向きで寝るようにするだけでもクセは改善できるかと思います。

 

横向きは金縛りも解きやすくなるので、金縛りになりやすい人にもおすすめです👇

関連:金縛りにあう原因とかかってしまった時の解き方

 

おまけ:体験談

 

心臓の上に手を置いて寝ると怖い夢を見る、ということに気付いたのは中学生くらいの頃でした(´ω`)

毎日なぜか怖い夢ばかり見続ける日があり…不安になって友達に話したんです。

 

当時、毎朝一緒に学校に行っている友達が居てその友達に話したんですが

「もしかして心臓の上に手を置いて寝てるんじゃない?怖い夢を見るっていうよね」

と言われました。

 

その時、確かに!そういえば最近心臓の辺りに手を置いて寝てるかも…と気づいたのでそれからは手を下におろした状態で寝るようにしました。

そしたら、それから怖い夢は見なくなったんですよね。

 

今でもたまーに怖い夢は見ますが、その時のように毎晩怖い夢を見てうなされるようなことはなくなったので、寝ている時の環境は大事だと思います✨

ぜひ改善できるところは改善してみてくださいね‼

 

もう二度と怖い夢は見たくない!悪夢を見ないか心配で眠れない…

という人は、ちょっとしたおまじないのようなものですが左手の中指に指輪を付けると良いですよ👇

関連:指輪を付けて寝ると悪夢は見ない?魔除けに良い指の位置と選び方



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket