くるみとの違いは?ピーカンナッツの効能とベストな食べ方について

ベストな食べ方について

salad-1440111_1920

ピーカンナッツは、オレイン酸などのn-3不飽和脂肪酸を多く含んでいるため熱に非常に弱い性質💦

 

栄養成分を損なわないようにするには、調理せずに生のまま食べるようにすることが大切です。

 

脂肪分も多いので、加熱すれば酸化しやすく風味も落ちるのでもし加熱するのであればクッキーやケーキなどの具材の一つとして使うと良いでしょう(´ω`)

スポンサーリンク

料理やお菓子のトッピングやアクセントとして、上にパラパラと盛り付ける程度に使うのが一番✨

 

サラダに混ぜたり、ピザやパスタの上にトッピングしたりクッキーやケーキなどの飾りとして使うようにします。

 

一日の目安量ですが、大体17粒から18粒程度と言われていて脂質が21gほど、カロリーにすると200kcalほどになります。

 

おやつ感覚で小腹がすいた時に食べる時にしろ、トッピングに使うにしろ食べ過ぎすると高カロリーになるので多くても17粒、18粒以下になるようにしたいですね。

 

最後のページでは、くるみとの違いについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket