ペットボトル症候群の主な症状は体重の減少?糖尿病との違いは?

するべき対策・病院での治療法

ice-925849_1920 (1)

将来的に糖尿病にならないようにするためにも、病院での定期的な治療と自宅での食事管理が大事💡

 

病院では、症状が重い場合は糖の排出を促す注射や点滴が行われる場合があり徐々に血糖値を正常な状態にする治療が行われます。

 

糖質が多い物、甘いものは極力避けて水や麦茶などを摂るようにし食事も水分が欲しくなるような味の濃い物、しょっぱいものは控えて薄味にする必要があります。

スポンサーリンク

病院での定期的な治療と検査、自宅での食事管理がしっかりと出来れば糖尿病にならずに正常な血糖値で健康を維持することが可能。

 

熱中症対策として夏場はスポーツドリンクや塩分の多い飲み物が出回るようになりますが、本当に汗が止まらないような日に500mlくらいのペットボトルのものを飲む分には問題ありません。

 

毎日大量に飲まなければペットボトル症候群になることはまずないはずなので、過剰に飲まないように量に気を付けて適度に飲むようにすることで防ぐことが出来ますよ。

 

まとめ

 

ペットボトル症候群の症状と糖尿病との違い、するべき対策・病院での治療法などについてご紹介しました。

 

ペットボトル症候群は10代から30代くらいまでの若い世代に発症が多いですが、夏場はスポーツドリンクを飲む機会が多くなるので…どの年代も飲み過ぎには気を付ける必要があります。

 

スポーツドリンクや熱中症対策用の飲み物は、エネルギー補充のためと考えただの水分補給として気軽に飲まないようにしましょう。

 

水分を摂る時は基本は水にし、その他は麦茶など塩分も糖分も含まれていないようなものを飲むことが大事。

 

特に、どちらかというと肥満体質の人、家族に罹患者がいる場合は食事や水分補給の管理には十分気を付けたいですね。

以上、参考になれば幸いです。

 

糖尿病対策には、こちらの記事もご参考までに👇

関連:ゴーヤ茶の効能とは?糖尿病予防・便秘改善にも良い?作り方は?



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す