ペットボトル症候群の主な症状は体重の減少?糖尿病との違いは?

糖尿病の違いとは?

sugar-candy-1514712_1920

ペットボトル症候群と糖尿病は何が違うのか❓ということですが、糖尿病にも種類があります。

 

自分の膵臓を外敵と勘違いしてやっつけようとしてしまうことなどが原因で、インスリンを分泌する機能が失われるのが1型

 

そして、生活習慣などが原因で膵臓の機能低下によってインスリンが分泌されにくくなる2型があります。

スポンサーリンク

ペットボトル症候群は、もともと糖尿病の素因がある人がなりやすい急性の糖尿病であると言えます💡

糖尿病の一歩手前、予備軍と考えておいたほうが良いでしょう。

 

食生活を変えずにそのまま高血糖の状態が続くと、2型糖尿病や肥満に発展することがあるので注意が必要です💧

 

ペットボトル症候群の症状を改善するには、まずは糖分の多いものを控える必要があります。

 

最後のページでは、自分で出来る対策と病院での治療法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す