ナルシストはイヤだけど実は憧れる人が多い!自分を好きになるメリット

ナルシストは嫌われる、とはよく言われますし日本人は極端にナルシストを嫌う人が多いと言われたりします💡

が、嫌いと言いつつも実際は心の中ではナルシストに憧れている人は多いです。

 

だって、自分のことが嫌いよりも少しでも好きになれたほうが楽ですからね(*‘ω‘ *)

毎日自分の姿を鏡で見ては毎回イヤな気持ちになるよりも、少しでも自分を認めて好きでいたいものです✨

 

だから、ナルシストになれたほうが良いと思うんです。

それだけ、自分の人生に対しても前向きになりポジティブに生きられるようになります。

 

ただ、ナルシストにも2種類あるので自分のことを本当に受け入れられるようなナルシストになることが大事です。

 

ナルシストには、

・本当に自分を好きになれるナルシスト

・自分を好きだと思い込んでいる妄想のナルシスト

があるのです。

スポンサーリンク

2つのナルシスト

 

ナルシストとは、一般的に自己愛が強い人のことを言います💡

由来は、水面に映る自分の姿を見て恋をしたと言う青年ナルキッソスが出てくるギリシャ神話から来ています。

 

自分の見た目が好き、外見が優れていることを理解しているというのが主な特徴ですね。

実際に外見が良い人が多いので、自他ともに認めるナルシストという感じです。

 

一方で、もう一つあるのが妄想のナルシストです。

妄想のナルシストの場合は、自分大好きに見えるかもしれませんが実は自分のことが嫌いです。

 

ありのままの本来の姿の自分を好きになれないために、自分を好きになったり他の人よりも優れていると妄想をすることでその妄想に応じた行動を取ってしまうこと。

自分が素晴らしいと思いたいがために他人を卑下したり自慢話ばかりします。

 

自他ともに..というよりは、自分だけ自己評価が高い感じです。

人が嫌うのは一般的に妄想のナルシストですが、自他ともに認めるナルシストでも自分が大好きということを全面的に出してしまうと人は不快を感じるものです。

 

ナルシストに対して不快を感じる理由

 

人には必ず自分の好きじゃないところ、変えたいところなど何かしらのコンプレックスがあるものです💡

他人は別に対して気にしないようなものでも個人的に気になるものだったりします。

 

でも、皆コンプレックスを持ちながらももっと良くしていこう、もっと改善して自分を前より好きになろうと努力しています。

不完全だと思う自分を、少しでも完全な自分に近づけようとします。

 

それが、もともと完璧な人が居たらやっぱり悔しいものです。

自分はこんなに頑張っているのに…とか、こんなに大変なのに…という悔しさ、妬みそねみが不快に変わるんだと思います。

 

だから、ナルシストになるのは悪いことだと思いませんがそれは誰かに認めてもらうのではなくて自分が認めるべきことだと思います。

他の人に理解してもらわなくても、自分が理解していればそれで良いのです。

 

なので、自慢話をしたり人にも理解してもらう必要はありません。

日本人はナルシスト嫌い、と言われるのは自己評価が低かったりコンプレックスが多い人が沢山居るからかもしれません。

 

でも生まれつきコンプレックスが全くない人は居ないと思うので…日本だけじゃなくて海外でもナルシストが過ぎる人が苦手と感じる人は同じように居るものです。

自分の中で密かに自分を認められるナルシストで居られるようにしましょう。

 

本当は誰もがなりたいナルシスト

 

人がナルシストだとイヤだけれど、多くの人はナルシストのようになりたいという願望があります✨

 

苦しいことより楽なほうが良いですし、イヤなことより好きなことに触れ合っていたいものです。

自分のことだって嫌いよりも好きでいたいものだからです。

 

でも、自分のすべてを好きになるのはなかなか難しいんですよね。

人と比較して優劣を決めようとすると、なかなか自分に高い評価はつけられないものです。

 

そこで目指すべきは、まずは内面のナルシスト。

外見だけのナルシストは、年を取って顔つきが変わったりその時のトレンドで流行る顔のタイプが変わると途端に自分に自信が持てなくなったり外見に振り回されがち。

 

内面のナルシストであれば、逆に時間とともに内面をより成熟させることが出来るのでもっと自分のことが好きになったり自分を認めて受け入れられるようになります。

内面のナルシストになれば、自分の外見も受け入れられるようになります。

 

なので、まず目指すべきナルシストは内面のナルシストだと思います。

自分の性格でこんなところが好き、こんなところは良いところだなと素直に思えるようになるのが理想です。

 

もちろん全てを大好きになる必要はなくて、完璧も求める必要はないですがイヤなところよりも好きなところを増やしていくことが大事。

 

私が考える本当のナルシスト

 

私が考える本当のナルシストは、自分の中に自分が本当に休める心のよりどころを持つということです。

辛いことがあっても自分で癒したり励ましたりできる、自分を救える自分。

 

再生機能を兼ね備えた自分です。

自分で良かったな…と思える自分になることです。

 

それくらい本当に自分のことを受け入れて認められたら、それ以上の幸せはないんじゃないかと思います✨

私も、学生の頃なんかは特にものすごく自分がイヤだった時期があります。

 

もっと、自分よりも良い他の誰かになりたくてしょうがなかったことがあります。

でも、それってすごく悲しいことなんですよね。実際自分以外の誰かになれるわけではないですし💧

 

自分大好きなナルシストも当時はすごくイヤな存在でしたが、でもまず自分が理解して受け入れられなければ一体だれが自分を理解してくれるんだろう?とふと思うようになりました。

 

自分が自分を理解して受け入れないと、他の誰も自分を理解してはくれないし受け入れてもくれないと。

それって、もっと残念なことだよなぁと思ったんです。

 

もし自分が自分のことを理解して受け入れられたら、自分も変わるし周りも変わって自分がなりたい自分になれるんじゃないかな❓と思いました。

それから自分を好きになる努力をしたら、今は内面ナルシストになりました💡

 

もちろん、自分のすべてが好きなわけではなくもっと改善すべきことや努力すべきことは沢山あるなと思います。

時には、自分ダメじゃん…と落ち込むこともあります💦

 

でも、自分以外の誰かになりたい!という自分からは抜け出せました。

以前と比べても、自分には何が出来るのか、どんなところが良いと思えるのか自分について理解できるようになりましたし好きなところが増えたのは確かです。

 

時々揺らぎそうになりますが、でも最後には自分を受け入れる努力をしています。

そうしたら、周りに自分を大切にしてくれる人や自分が大切にしたいと心から思える人たちが増えました。

 

前よりも笑顔が増え、人生も充実したものになりました。

だから、一人でも多くの人に自分を本当に好きになれるナルシストになって欲しいと思います。

 

せっかく自分として生まれてきたのだから、少しでも自分が好きでいられる自分で居たほうが良いに決まっています。

それが世間一般的に嫌われるナルシストであっても。

 

ナルシストは悪、というところから抜け出してまずは内面ナルシストになり外見も好きになれるようにしていきたいですね。

 



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket