夢の内容を思い出せないでいるとふと目の前に現れることがある

朝目覚めた瞬間までは夢の内容を覚えていたのに…起きたらもう思い出せなくなっていた💦

なんて経験はありませんか?

 

一晩に何度も夢を見ることはありますし、毎日夢を見ることもあるくらいなので…

全部の夢の内容を覚えていたら頭がパンクしてしまうため、印象に残った夢の一部しか覚えていないものです💡

 

でも、たまになんですが思い出せなくなっていた夢の内容の一部がふと目の前に現れることがあるんです👀

 

目の前に現れることで、欠けていた部分の記憶が埋まって夢の内容を思い出すことが私の場合はあるんですよね。

 

この妙な体験をどれくらいの人が経験しているのかはわからないんですが、とりあえず自分が思ったことをまとめてみようと思います(´ω`)

スポンサーリンク

夢を見た翌日中には現れる

 

夢を見て、朝になると

「あぁ、昨日の夢はこんな夢だったな…あんな夢だったな」

と思い返します。

 

朝目覚めた瞬間は、具体的な夢の内容もハッキリと覚えているものですがその瞬間からカウントダウンは始まってどんどん記憶は薄れていきます💦

起床して朝食を食べ、準備をして仕事を始めるともう大抵のことは忘れています。

 

たまに、午前の仕事中にふと前日に見た夢の内容を思い出しますが大体は忘れてしまっているんですよね。

 

なので、昼食時間になりボーっとした時間が出来てふと前日に見た夢のことを思い出してももうほとんど思い出せなくなっています。

でも、ふとした時に夢の内容が目の前に現れるんです(‘ω’)ノ

 

目の前に現れるというのは、実際に自分が見た映像に近いものを見たりその映像を連想させるような文字を見たりするんです。

例えばですが、前日何かに追われて逃げて脱出する夢を見たとします。

 

家で眠っていたら、気づいたら倉庫みたいなところに居て誰かがドアを開けて入ってきます。

で、気付かれないようにその場を離れようとしたら見つかってしまい…

 

追われる羽目になって、倉庫からなんとか脱出して逃げて自分の家に帰る夢だったとします。

 

誰かに追われていたことや自分が逃げていたこと、その場の状況なども思い出せるのが誰に追われていたのか?が目覚めた時は覚えていたはずなのに、朝起きたら思い出せなくなっていたりします💧

 

その部分だけ、ワンシーンの記憶がない感じになるのですが…

午後になって例えばテレビをつけたら、その映像の中に夢で見た人に近い人が居るんです。

 

それを見た私は、

「あ!そういえば夢で見た人ってこんな感じの人だった…そうだ!迷彩服を着た軍人みたいな人だった!」

とハッとして気付くのです。

 

そこで、その途切れていた記憶を取り戻して話がつながり、忘れていた夢の内容を思い出すことがあるんですよね。

まるでパズルのピースを見つけたみたいな。

 

こういうことが毎回ではないんですが、時々あってその度にハッとします。

映像で見る以外にも、文字で見たりもします。

 

文字で表れる場合もある

 

例えば、草原が広がった道を歩いている夢を見たとします。

季節は初夏のように暑いけど爽やかな風が吹いていて、天気の良い気持ち良い日です🌻

 

私が道を自転車で通っていたら、赤い服の女性を見かけたんです。

その女性は、赤い帽子に赤い服を着て一人で道のわきに座っていて本か何かを読んでいました。

 

そして私は湖にたどり着き、そこでバケツ一杯に水を汲んでまた自転車に乗ってもと来た道を走る…という内容の夢を見たとします。

夢から覚めたばかりの時は、赤い服の女性を見たことを覚えているんです。

 

でも、起床後にその部分だけ忘れてしまっていてどうしても思い出せず…

一部が抜け落ちているので、夢の内容を一つの物語だとするとぽっかり穴が開いたみたいで話が完結しません。

 

朝までは覚えていたのになぁ…と思っていると、例えばお昼休憩の時に読書をしているとその中に赤い服の女性というフレーズが急に出てきたりします📚

 

そこで、それを見た私は

「あ、そういえば夢の内容で抜け落ちてる部分って赤い服の女性を見たところだ」

と思いだすんですよね。

 

で、夢の内容を全部思い出して最終的に話がつながるという体験をします。

 

その度に

「何でこうやって夢の内容を思い出すんだろう…」

と不思議に思います。

 

前までは、たまたま偶然でしょと思って特に気にしていなかったのですがちょくちょくこういうことが起こるとさすがに気になってきます。

何か意味があるのかな?とか、何か気付くべきことがあるのかな?なんて。

 

現実的に考えるとカラーバス効果かも?

 

現実的に考えると、もしかするとカラーバス効果が関係しているのかもと思います💡

カラーバス効果とは、気になったものが目の前に現れるという現象のことです。

 

強く意識したものは、目に飛び込んでくるように視界に入りやすくその存在に気づきやすいということです。

関連:心理学用語の一つ「カラーバス効果」の意味と実際に体感する方法

 

私の場合も、記憶が一時的に抜けてはいたけれど自分が夢の中で見たものを意識したことによってそれに関連した映像や文字が目の前に現れたのかなと思います。

不思議な体験ばかりすると、時々謎過ぎて何が何だかわからなくなったりします🌀

 

時には、悪いことばかり考えてしまって怖くなることもあります(;´・ω・)

どんな時も自分の心を落ち着かせるには、半分神秘的なものを信じて半分現実的な考えを持つのが良いのかなと思います。

 

神秘的なものばかり信じすぎても心ここにあらずという感じになってしまいますし、あまり現実的な考えを否定しすぎても信じたいものも信じられなくなってしまうのかなと。

 

なので、もし不思議な体験をしたら半分信じて半分は現実的な考え方をしてみるとバランスが取れて考えが偏ったり不安になったりすることもなく…

自分を客観的にみられるようになるかもしれませんね(´ω`)



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket