金縛りにあう原因とかかってしまった時の解き方

金縛りを防ぐ対策

 

  1. 横向きで寝る
  2. 締め付けの少ないパジャマを着る
  3. 枕を見直す

 

1の「横向きで寝る」は、金縛になりやすい人に良いと思います。

横向きでも金縛りになるんですが、横向きのほうが仰向けと比べた時に解けるのが簡単なんですよね。

 

なので、結果的に金縛りになる時間を短くすることが出来ます。

顎がもともと小さい人や肥満でなくても首周りに脂肪がつきやすい人だと仰向けになった時に気道が塞がれやすいです。

 

横向きになると舌も喉の奥に落ちていかないですし、気道が塞がれにくいため体に負担がかからないというのもあります。

 

2の「締め付けの少ないパジャマ」は、女性は特に意識したいですね。

締め付けが多いと、圧迫された部分の血流が悪くなるので睡眠に影響しますからね💧

 

緩すぎるものを着る必要はないですが、あまりピッタリしすぎないずっと着ていても楽に過ごせるようなものを身につけると良いですよ。

スポンサーリンク

3の「枕を見直す」というのも大事です。

というのも、金縛りになる人は体自体が疲れているか、あるいは寝ている時の環境が悪いかのどちらかであることが多いからです。

 

体自体が疲れていたらしょうがないんですが、寝具を整えたり枕の高さを調整するなど環境を良くすることは出来ますよね。

 

枕は高すぎても低すぎても疲れるので、ちょうど良い高さにすると良いのですが目安としては仰向けになった時に真上の天井よりも少し目線が下にさがる位置。

 

横向きになった時は、顔が下がったり上がったりせずに体と一直線になるような位置です。

 

こういったちょっとしたポイントに気をつけるだけでも金縛りにならないように出来るだけ防ぐことが出来ます。

関連:今日から安眠!イヤな夢を見ることなくスヤスヤ眠る環境の整え方

 

最後のページでは、金縛りの主な原因についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket