金縛りにあう原因とかかってしまった時の解き方

主な原因について

 

金縛りの原因は睡眠障害の一つである睡眠麻痺だと言われています。

通常は、眠りについてから大体1時間半後くらいに浅い眠りである「レム睡眠」になりその後深い眠りである「ノンレム睡眠」になりこれを繰り返していきます。

 

ですが、金縛りになる時の睡眠サイクルは眠ってからすぐに「レム睡眠」に入ります。

レム睡眠は浅い眠りなので、体は休んでいますが脳は起きている状態

 

心拍数や呼吸が不規則で目はキョロキョロと動き、この時に夢をよく見るようになります💡

 

脳は起きている状態でも体は休んでいる状態の為、これは夢だから目を覚ましたいと思っても体に力が入らず目が覚めない、起きられないということに…(;’∀’)

スポンサーリンク

そのタイミングで怖い夢を見たり幻覚や幻聴を感じることもあるので金縛り=霊的な何か怖いものが関係していると思ってしまいます。

 

・ストレス

・不規則な生活

・疲れが溜まっている

・睡眠不足

・睡眠環境が悪い

 

主にこれらの原因がありますが、金縛りは一時的なものなので頻度はそう多くはないはずです。

頻繁に金縛りになるという人は、ナルコレプシーという過眠症であることも。

 

ただの過眠症ではなく、目覚めや睡眠に関わるオレキシンという物質が何らかの影響で減ってしまうために起きられず寝すぎてしまう症状です。

 

世界的に見ても日本人はナルコレプシーになる人が多いと言われますが、病院で治療を受けて睡眠をコントロールする必要があるので毎週金縛りになるという人は一度睡眠外来を受診することをお勧めします。

 

まとめ

 

金縛りは睡眠障害の一種と考えられていますが、体験した人の話を聞いてみると怖い金縛りになった時はその前後で割と身近な人に不幸が起こるということが多いです。

 

私も曽祖父や曾祖母がなくなる前後に金縛りになったことがありますし、こないだお盆の夜に金縛りに久しぶりになったので…

霊的なものは全く関係ないというわけではないんじゃないかと思ってます💦

 

もちろん、お盆の時は家のことが色々とあったので忙しくて疲れていた…というのもあったと思うのですが。

 

友人の話を聞いても、同じような体験をしたことがある人が居てなんとなくどこかで霊的なつながりがあるような気がしています。

 

でも、だからと言って悪いことが起こるわけではないですし何かを知らせに来ているのかなと思っています。

それでも出来れば金縛りにはなりたくないですよね(^^;)

 

目覚めた後はまたなったらどうしようと怖くなって眠れなくなることもありますし。

今回ご紹介した対処法で防ぐことは可能なので金縛りになりやすい人、毎回怖い思いをするから防ぎたいという人の参考に少しでもなれば幸いです✨



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket