牛乳を飲んでお腹壊す原因は乳糖不耐症?腹痛時は飲まない方が良い理由

アレンジして取り入れる対策

 

牛乳の味自体が苦手という人は、カレーやシチューに入れたり料理に使うという手段があります。

 

料理に使えば隠し味としてコクを出すことが出来ますし、適度に甘さもあるのでよりマイルドな味わいにすることも出来ますからね。

それ以外では、ヨーグルトまたはチーズにして食べるという方法も💡

 

ヨーグルトにすれば、乳酸菌が発酵することで乳糖が最大4割ほど分解されるので消化しやすくなるのです(‘ω’)ノ

 

更に、水切りヨーグルトにすることで乳糖が多く含まれる「乳清」を取り除くことが出来るのでかなり減らすことが出来るのだそう。

スポンサーリンク

チーズも同じで、乳清を製造過程で取り除いて作るために乳糖の量が少なくその分消化しやすくなると考えられています💡

 

なので、牛乳を摂ることでどうしてもお腹が張る、痛くなるなどの症状が出る場合はそのまま飲むのではなくヨーグルトやチーズなどにして摂るようにすると良いでしょう。

 

そうすれば、毎回不快な思いをしたり出先や移動中に慌ててトイレを探して駆け込む必要もなくなるはず。

 

あまりにも症状が酷い時は、病院で検査を受けて日常生活のアドバイスや必要に応じて適切な治療を受けるのも良いですね。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロとする原因と腹痛時やお腹を下しやすい人は飲まないほうが良い理由、お腹を壊さずに摂る対策などについてご紹介しました。

 

カルシウムを摂るにはやはり牛乳を取るのが手軽ですし、お腹を壊さずに取れたら一番良いですよね。

 

どうしてもお腹を下してしまうのであれば、取り方に注意してそれでも改善されないのであればヨーグルトやチーズにしたり料理に混ぜて使うようにしたいですね。

以上、参考になれば幸いです(´ω`)

 

こちらの記事もご参考までに👇

関連:牛乳を温めると出来る膜の原因はタンパク質?家にある物で簡単に防ぐ方法3選

関連:牛乳の消費期限切れはいつまでOK?開封後の期間の目安と腐敗を見分ける



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket