なぜ頬をつねるのか?夢か現実かを判断するのに良い方法を考えてみた

昔から、夢か現実かを判断する一つの方法として「頬をつねってみる」ということがありますよね。

映画や漫画でも、けっこう頻繁に見ることがあるシーンかと思います💡

 

でも、実際に夢の中で頬をつねってみると痛くないのかと思いきや…意外と痛かったりするんですよね(;´・ω・)

頬をつねる以外にも、怪我をして痛みを感じることも💦

 

じゃあ、なぜ頬をつねることで夢かどうかを判断するのが一般的なのか?

夢か現実か、一体どちらなのかを判断するのに良い方法について今回考えてみました。

 

「たまに夢か現実かどっちかわからなくなる時がある」

「現実に近いかなりリアルな夢を見るから判断する方法が知りたい」

という人はぜひ参考にしてみてくださいね‼

スポンサーリンク

夢かを確認するために頬をつねるのはなぜ?

 

夢の中で肉体的な痛みを感じたことがある人は多いと思いますが、それもそのはず寝ていても五感が止まっているわけではないからです✋⚠

 

暑かったり、まぶしかったり、変なにおいがしたり…大きな音がすれば大抵の人はすぐに起きるでしょう。

それは寝ている間も五感は働いていて、意識もある程度はあるからです👀

 

そのため、夢の中で頬をつねると痛みを感じることが多いです。ただ、現実で感じるほどリアルな痛みではないのです。

鈍い痛みだったり、ずーっと後引くような痛みではありません。

 

でも、夢か現実かを判断するのにはあまり良い方法ではないのだと思います💧

夢の中で頬をつねっても痛みを感じないのであれば、これは夢だと気づけますが痛みを感じるのであればとりあえず現実なのかな…?と思ってしまうからです。

 

じゃあなぜ頬をつねるのが一般的になっているのかというと、夢か現実かを判断するもっとも簡単な方法がこれくらいしかないからなんだと思います。

 

夢か現実かを判断する材料はすごく少ない

 

非現実的なありえない内容の夢だと、さすがに現実でこんなことが起こるわけがない!=夢だと気づくことが出来ます💡

でも、中にはかなり現実近いリアルな夢を見ることがあります。

 

これは夢なのか、それとも現実なのか?

と考えた時に、一体どちらなのかを判断する材料は実はほとんどないんですよね(^^;)

 

  • 現実では出来ないことをしてみる
  • 記録として日記をつけてみる
  • 体に刺激を与えてみる

くらいになるかと思います。

 

現実で出来ないことというのは、例えば高いところからジャンプしてみるとか、空に浮いてみるとかですね。

 

現実では重力があるので真っ逆さまに落ちますし、下手したら怪我をしますが夢の中なら浮くことが出来たり落ちても怪我をしないことが多いです。

また、記録として日記をつけてみるのも良いと言われています。

 

現実では過去のことをよく覚えているものですが、夢の中では記憶があいまいで全体的にボヤっとしていることが多いからです。

過去を思い出そうとしても思い出せなかったりします。

 

なので、毎日の記録を細かくつけていくと後で見返した時に現実とかみ合わない部分があったり上手く記録されていない、記憶と違うなどおかしな点に気付いたりします。

 

でも、この中でもっとも簡単に出来るのが体に刺激を与えるということです。

頬をつねるくらいなら誰でも出来ますし、多少痛い思いはしても怪我することはありません。

 

だから夢か現実かを判断するために頬をつねる、というのが一般的になったのかなと思います(´ω`)

 

夢か現実かを見極める方法を考えてみた

 

いつまでも夢のままなわけがない、と思いながらも現実とかなり似ているリアルな夢なら今居る世界が現実なのかも?と錯覚することがあります🌀

 

夢なら早く覚めなきゃ!と不安になりますし、現実だと確信できた方が安心できますよね。

私もたまに夢か現実なのかわからなくなるくらいにリアルな夢を見ます(;’∀’)

 

そこで、夢か現実かを見極める方法について考えてみました。

今のところ、有効な方法は一つしかありません。それは本を読むということです。

 

夢の中で本を読むと、現実世界のように複雑なことが考えられないのか内容が頭に入ってこないはずです。

普通なら、本を読めば色々なイメージが浮かびますが夢ではそれが出来ません。

 

難しいことを考えると答えに行きつくまでに場面が切り替わったり、あやふやなままその場をやり過ごしてしまいがち。

本を開いても白紙になっていることも少なくありません📚

 

なので、夢か現実かわからないくらいリアルな世界に居たら本を読んでみて現実世界のように具体的な内容が入ってくるかを確かめるのが今のところ有効かと思います。

あとは、いくつかの方法を合わせて試してみるのも良いでしょう✨

 

映画インセプションではコマが判断材料の一つ

 

映画インセプションでは、夢か現実かを判断する材料の一つにコマが使われます。

現実では、コマを回したら徐々に速度が落ちてやがて止まりますが夢の中では永遠に回り続けるんです。

 

なので、コマを回してから止まらない場合は夢、止まったら現実だと判断することが出来ます。

夢の中でコマを見たことがないのでそれが実際に可能なのかはわからないですが…

 

最初は動いていても、時間が経てばやがて止まるものを目安に夢か現実かを判断するのも良いのかなと思いました。

例えば、家の中にある物なら洗濯機を回してみるとか電子レンジを使ってみるとか。

 

いつまでも洗濯機が回っていたらおかしいですし、電子レンジだって永遠に温め続けることはないですよね。

あとは、砂時計なんかも3分なら3分砂が落ちればもう落ちる砂はなくなります⌛

 

永遠に砂が落ち続けていたらおかしいので、夢の可能性が高いということです。

どれも確証のある方法ではないんですが、組み合わせて判断すればだいぶ確証が持てるようになるのではないかと思います。

 

夢なのか現実なのかはっきりしない時は、その時に出来る判断方法でぜひ試してみてくださいね✨



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す