ドッペルゲンガー現象の原因は脳?夢の中で見る意味とは?

icon-arrow-circle-right原因は脳の機能低下にある?

 

ドッペルゲンガー現象は、超常現象の一つであり幻覚の一種と考えられていますがそれは脳の機能低下によるものでは❓と言われています。

 

例えば、脳腫瘍が出来てその腫瘍が大きいもので周りの組織や神経を圧迫することで機能が落ちると、もう一人の自分が居る錯覚を起こすことがあるようです。

 

またドッペルゲンガーを体験したことのある著名人の中には、偏頭痛を患っていた人も少なくなく、脳の血流の変化によって脳の機能低下が引き起こされることがあるとも言われています💡

 

ただ自分以外の第三者による目撃は当てはまらないので…超常現象の一種として認識されています。

スポンサーリンク

第三者に見られるということは、錯覚ではなくそこに確かに存在していることの証明になりますからね(;’∀’)

 

幽体離脱の場合は体から魂が一時的に抜けて分離したとしても、多くは体がその場にある状態の時が多くすぐに体に戻ることが多いです。

関連:フワッと体が浮かんでいく…幽体離脱はなぜ起こる?その原因と対処法

 

疲れが溜まっていて金縛りになったり、高熱が出た時などになることがあるので誰でも経験することは可能。

関連:金縛りにあう原因とかかってしまった時の解き方

 

一方、ドッペルゲンガーは誰にでも起こる現象ではなく限られた人しか体験することが無い経験なので不思議ですよね💧

 

両親や祖父母がそういった超常現象を感じる能力があると、その子供や孫もそういった体験をすることがあるのでもしかすると遺伝の影響もあるのかもしれませんね。

 

最後のページでは、夢で見た時の意味についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket