喘息の息苦しい発作時の対処法とは?カフェイン入りの温かいものが良い?

 

炎症を起こした気道が狭くなり、空気が通りにくくなっている状態である喘息。

 

刺激が加わると更に気道が狭くなり、息をすると苦しくなり激しく咳き込むなど発作が起きてしまいます。

 

最近では、子供の頃には症状がなかったのに大人になってからいきなり症状が出る人も多いようです。

 

その原因には、もしかすると住宅環境が関わっているかもしれません。

 

そこで今回は、喘息の主な原因や発作時の症状と対処法などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

喘息の主な症状と原因

 

喘息の発作の症状には咳や痰が絡んだり、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といったような風が隙間を通るような、喘鳴という苦しそうな音が出ます。

 

とにかく息苦しく、同時に胸に痛みを感じたりのどに違和感を感じることもあります。

 

主に夜間から早朝にかけて、季節の変わり目など寒暖の差が激しい時、天候が不安定で天気が良く変わる時、疲れている時に起きやすいという特徴があります。

 

風邪を引いた時も悪化しやすいですし、香水のような強い匂いや煙など刺激になるようなものがある時にも引き起こしやすいです。

 

一日の中でも、お昼頃から午後にかけての間は比較的症状が安定することが多いそうです。

 

昼間に発作が起きれば学校や仕事にも支障が出ますし、夜は夜でしっかり睡眠時間や休息が取れなくなるのでそれはそれで辛いですよね。

 

喘息は、一般的に布団につきやすいダニやカビ、花粉などのアレルゲンが原因のものと強い臭いや煙などアレルゲン以外のものが原因となります。

 

私自身、ダニや花粉のアレルギーがあるので子供の頃軽い喘息の症状が出たことがありますが大人になった今ではほとんど症状はなくなっています。

 

子供のほうが大人よりも喘息の症状が出ることが多く、そのほとんどがアレルゲンが原因で起こるそうです。

 

ある日突然大人になってから喘息になることもありますが、その場合は原因物質が特になく不明のことも多くストレスと診断されることも多いのだとか。

 

咳が続く、胸が苦しくなる時にヒューヒューという音も聞こえるなど症状が続く場合は喘息が疑われますが他の呼吸器系の疾患も疑われるので呼吸器科を受診して診ましょう。

 

次のページでは、発作が起きた時の対処法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す