夜に爪を切ると良くないと言われる理由とは?おまじない・迷信の由来は?

woman-1365556_1920

 

日本には、昔から言い伝えられていることで今現在も語り継がれている迷信が数多く存在します。

 

多くの場合、なぜそう言われているのかというとそれなりに理由があったりします。

 

実際は何も根拠がない迷信もありますが、その時代背景に沿った物語がそれぞれの迷信にあるものです。

 

夜に爪を切ると良くないという迷信もその一つで、夜に爪を切る時に祖父母や両親に指摘されたことがある人も多いと思います。

 

そこで今回は、夜に爪を切ると良くない理由や迷信の由来、夜に切る時のおまじない、ことわざなどについてもご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

夜に爪を切ると縁起が良くないのはなぜ?

 

lights-1541093_1920

 

夜に爪を切ると「縁起が良くない」、「不吉なことである」と言われ祖父母や両親に指摘された経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

特に、祖父母に言われるとただの注意というよりは何か本当に良くないことが起こるような気がして怖くなってしまいます。

 

夜に爪を切ると、親の死に目に会うことが出来ないなんて言われて脅かされたことがあると思います。

 

靴下を履いて寝ると同じく親の死に目に会うことが出来ない、なんて言われますがそれも同じように時代背景から来ているものです。

 

現代では夜中でもどこかで明りが付いていますし、必要であればいつでも関係なく好きな時に電気をつけることが出来ます。

 

ですが、電気などが無い時代は夜になると電灯もなく真っ暗で外に出れば月明かりが見えたとしても家の中は真っ暗です。

 

電気の代わりにろうそくに火を灯して、それを明りとして使うのが一般的だったんですね。

 

昔は今のように爪切りがあったわけでもなく、爪を切る時には鋭くとがった刃のようなものを使って手入れをしていたので、薄暗い夜に爪を切ると誤って怪我をしてしまうことも少なくなかったそうです。

 

怪我といっても大した怪我では無いはずですが、昔は衛生環境が良くなかったこともありワクチンがあるわけでもなく、破傷風にかかって命を落とすことも多々あったと言われています。

 

そのため、夜に爪を切って怪我をしそこから病気になって命を落とすと親よりも先にあの世に行ってしまうので親の死に目に会えないと言われるようになったそうです。

 

現代では、明るい電気がいつでもある状態ですし衛生面でも昔より断然よいので大事に至ることは無いのでその点に関しては心配することは無いですね。

 

ちなみに、地方によっては夜に爪をどうしても切りたい時はおまじないをすると良いとも言われています。

 

次のページでは、夜に爪を切る時のおまじないについてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す