舌下免疫療法の治療期間と費用とは?ダニにも効く?

sugi

毎年秋や春先は、花粉症もちの人には辛い時期になります。

 

秋や春には花粉が飛散しやすくなるので、特定のアレルギーを持っているとくしゃみや鼻水、鼻づまり、皮膚の痒みや目の充血、大量に出る涙など様々な症状が出ます。

 

日本で最も多い花粉症と言われるのがスギ花粉によるもので、約4人に1人がスギ花粉のアレルギーを持っていると言われています。

 

国民病と言われ、民間療法や食事療法など様々な治療法が存在しますが根本的に完治させる治療法は未だ見つかっていません。

 

ですが、医学の進歩と共に新しい治療法が発見され話題となっています。

 

そこで、今回は患者の満足度が高いと言われる舌下治療法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

舌下免疫療法ってなに?

a0002_007523

花粉症は、スギを始めヒノキやブタクサなど、60種類に及ぶ植物の花粉が原因でそれを吸い込むことで様々なアレルギー症状を引き起こすことです。

 

スギに限っては、4人に1人がアレルギーを持っていると言われるほどかなり多くの人がアレルギーがあることがわかっていますが、そんな私ももれなくスギ花粉のアレルギーを持っています。

 

私の場合、花粉症の代表的な症状はあまり出ずそれよりもダニなどの他のアレルゲンに対する症状の方が強く出ます。

 

それでも、病院でたまにアレルギーの検査をするとかならずスギ花粉にも反応するのでもしかするとこの先色々な症状が出てくるのかもしれません。

 

花粉症の治療は、主に薬による治療が一般的ですがその他にも手術、そして今回ご紹介する免疫療法があります。

 

症状が軽い場合は、目であれば点眼薬、鼻であれば点鼻薬を使い必要に応じて内服薬も使い炎症を抑えます。

 

人間が持つ五つの感覚である五感のうち、視覚と嗅覚がやられてしまうので不便な部分は多いと思います。

 

目の症状も、痒みや充血、大量に出る涙など辛いものがありますが鼻も鼻で詰まってしまったら呼吸が苦しくなりますしそれが寝ている時であれば睡眠の邪魔にもなります。

 

鼻の場合は、手術という手段もあり鼻の粘膜の一部を切除したり鼻水が出る腺に関わる神経を遮断する方法などがあります。

 

そして、新しい治療法と言われる舌下免疫療法というのは、舌の下にスギ花粉の液を落とし体に吸収させることで徐々に花粉症を治すといったものです。

 

以前は免疫療法と言えば皮下注射が一般的で、最初のうちは数か月から半年間は週1回の通院が必要で、その後も1カ月に1回の頻度の通院が3年から5年程継続して必要でした。

 

しかし、皮下注射が出来る病院も限られていることや、通院が大変なことと注射の際に伴う痛みが問題となり、注射以外の投与方法が検討されてその結果安全かつ簡単に投与できるのが舌の下となったようです。

 

舌下免疫療法の治療期間とかかる費用についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す