スマホ手袋の仕組みはどうなってる?長く使うための洗濯する際の注意点とは?

 

気温が低く寒い冬になると、ちょっと外出しただけで手が冷たくなってかじかんでしまうことがあります。

 

そうなると防寒のためにやはり手袋をはめて暖かさを保ちたいところですが、手袋をしてしまうとスマホがいじれなくなってしまうのが難点です。

 

いちいちスマホをいじる度に外すのは本当に面倒だったりするので、最近はスマホ用の手袋が人気となっています。

 

機能重視で見た目は二の次といったデザインのものが多いですが、かわいい、おしゃれなものもあるので人気です。

 

今回は、スマホ用手袋の仕組みや洗濯する時、指先シールで自作する方法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

スマホ手袋の仕組みはどうなっているのか

iphone-393080_1280

外でもスマホはいじりたいけれど、寒いのはイヤだから手袋をすると使う度にいちいち外すのが面倒なところ、スマホ手袋であれば手袋をしたままスマホがいじれるので外す手間が省けます。

 

ちょっとしたことなのですが、こういったちょっとしたストレスでも少しでも少なく出来たらより快適に過ごせるはずです。

 

スマホ手袋の仕組みですが、まず多くのスマホは人体と静電気を発生させる物体の間に生じる静電気容量の変化を読み取って判断し作動しています。

 

なので、スマホを操作するには指の静電気が手袋を通ってスマホの画面に届く必要があります。

 

爪やタッチペン以外のペンなどで画面をタッチしても作動しないのは、そこに静電気が発生していないからです。

 

そして、普通の手袋に使われている繊維も絶縁体なので基本的に静電気が遮断されてしまいます。

 

この状態では、いくら画面を触ってもウンともスンとも言いません。

 

そこでスマホ用手袋は静電気が通る糸である導電糸で紡ぎ、画面に触れた時に静電気が通ってスマホが操作できるようになっています。

 

なので、スマホ手袋を見ると親指と人差し指だけ明らかに色が違ったりして見るからにスマホ手袋だというのがすぐに判断できます。

 

スマホ用の手袋の見た目からか、よく洗濯すると効果が薄れてスマホが操作できなくなるのではないかと言われたりします。

 

確かに、親指と人差し指にだけピンポイントで細工がされているので洗濯をすることでそれが機能しなくなったりするイメージはあるかもしれません。

 

しかし、スマホ用手袋の仕組みをご紹介した通り何か手袋の表面に加工がされているわけではなく使われている糸によって作用する仕組みになっています。

 

なので、洗濯をすることで直接的に効果が薄れたりすることはないようです。

 

ですが、スマホ用手袋も消耗品なので糸がほつれたり劣化すればその分効果が薄れていくことは考えられます。

 

そのため、基本的には中性洗剤を使い手洗いして優しく汚れを落とす程度にして繊維を傷める漂白剤や柔軟剤、乾燥機の使用も避けたほうが良いでしょう。

 

スマホ用手袋には、静電気を通す繊維の中には金属が含まれているものがあるので金属アレルギー持ちの人は念のため注意したほうがよいようです。

 

チタンを使っている素材や樹脂でコーティングした繊維のものであれば、アレルギーは起こりにく安心なので選ぶ時は素材に注意したいですね。

 

今まで使えていた手袋がスマホに反応しない場合は、その時が買い替えの時なのかもしれません。

 

スマホ用の手袋も進化しつつあり、フェイクレザーではなく本革のものやファー付きのおしゃれなものも多くレディース、メンズどちらも楽天などで1000円くらいで買えるものも多いです。

 

送料込みで1000円でそこそこ良いものが買えたら、通販だと楽ですしかなりお得です。

 

しかし、自分が気に入って使っている手袋がある場合やサイズ的に合いそうなものがないような時は指先シールを使うという手段もあります。

 

次のページでは、簡単に自作できる指先シールについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す