摂食障害になる原因と症状とは?なりやすい人の特徴と対処法

 

person-1148941_1920

 

摂食障害とは、病気だったり体に何かしら症状があるわけでは無いのに十分な食事が取れなかったり逆に取り過ぎたりすることです。

 

食事が全く取れていない状態のことを拒食症、逆に必要以上に食事を取り過ぎてしまっていることを過食症と言います。

 

どちらの場合も、精神的な問題が潜んでいることで発症すると言われています。

 

今回は摂食障害が起きる原因と症状、なりやすい人の特徴などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

摂食障害起きる原因

 

cream-puff-1166737_1920

 

摂食障害は思春期の時期に当たる10代を中心に、20代から30代ぐらいまでの女性に発症することが多いと言われています。

 

若い世代に多いことからわかるように、その原因の多くは無理なダイエットによるものです。

 

女性は、年齢とともに体型変化が男性よりもしやすいですが、男性よりも脂肪が多いので一度体重が増えたり特定の部位にお肉がつくと落とそうと思ってもなかなか落としにくいです。

 

その為、本格的にダイエットする場合少しずつ食生活を改善したり運動も取り入れたりと長い期間を要することがあります。

 

安易に短期間でダイエットしようと思って厳しい食事制限をしたり、激しい運動をすると体に負担がかかりそれがきっかけで摂食障害が起きることがあるのだそう。

 

また、それ以外には低血糖症による原因も考えられます。

 

低血糖症とは、炭水化物やケーキなど甘いものに多い糖分を沢山取ると血糖値が一気に上がりそれを下げるために体内でインスリンが多く分泌され過ぎて、逆に血糖値が下がるという状況になります。

 

血糖値が下がると、脳に必要な糖分が不足することで脳は糖分をもっと取るべきだと勘違いして余計に食べ物を口に入れようと指令を出します。

 

これの繰り返しで特にお腹が空いていないのに食べ物が必要になる状態を作ってしまうので、摂食障害に発展することがあります。

 

他には、万病の元であるストレスが原因によって起きることも多いです。

 

学校や仕事でのストレス、過労、環境の変化や身近な人との別れなど精神的ショックが大きい時など一時的なものでも強いストレスが加わるとそれが引き金となることもあるようですね。

 

次のページでは、主な症状についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す