プラズマ乳酸菌の効果とは?必要な量や期間は?

breakfast-1804450_1920

整腸作用があって、善玉菌を増やす役割をするものとして乳酸菌がよく知られていますがその乳酸菌にも様々な種類があります。

 

ビフィズス菌、ガセリ菌、ラブレ菌、ヤクルト菌、クレモリス菌など見たことや聞いたことがある乳酸菌はいくつもあると思います。

 

その大体が、ヨーグルトなど乳製品が中心であることが多いですね。

 

乳酸菌を取ることで、腸内菌のバランスが取れれば免疫力を上げることが出来て体全体をより健康的にすることが出来ます。

 

乳酸菌の中でも、丈夫でウイルスに負けない働きをするものとしてプラズマ乳酸菌がありますが新しく発見された乳酸菌として注目されています。

 

そこで、今回はプラズマ乳酸菌の効果や必要な量、期間などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プラズマ乳酸菌の効果とは?

woman-698953_1920

まず、プラズマ乳酸菌というのはラクトコッカス属に属するラクティス菌JCM5805株というのが正式名称になります。

 

なぜプラズマ乳酸菌と呼ぶのかについてですが、プラズマ乳酸菌には免疫細胞の司令塔のような役割をしているプラズマサイトイド樹状細胞と言う免疫細胞を活発にさせることからそこから取ってプラズマ乳酸菌と呼ぶようになったそうです。

 

人間の体には、もともと体の細菌やウイルスなどから守る免疫機能が備わっていてこの機能に深くかかわっているのが白血球に含まれるリンパ球にある免疫細胞になります。

 

主な免疫細胞には、プラズマ細胞、T細胞やB細胞、NK細胞などがあります。

 

T細胞やNK細胞は、がんの新しい治療である免疫療法として使われる細胞なので知名度が高くなってきていますね。

 

疲れが溜まっている時、ストレスを感じている時など体力が少し落ちている時には免疫バリアをすり抜けてウイルスなど外敵が体内に侵入することがあります。

 

そうすると、真っ先にプラズマ細胞が反応して他の免疫細胞に外敵を食い止めるように指示を出したり外敵が侵入できないように抗ウイルス成分を出して体を守ろうとします。

 

他の免疫細胞に的確な指示を出したり、自ら敵が体の奥まで侵入できないようにする重要な役割をしているわけです。

 

今までの乳酸菌は、このプラズマ細胞ではなくNK細胞などを活性化させることが出来ていたのですがプラズマ乳酸菌の場合プラズマ細胞を直接活性化させることが出来るので注目されるようになったんですね。

 

他の免疫細胞を活性化させるだけでも良いのですが、司令塔のような役割をするプラズマ細胞を活性化させることが出来れば免疫機能をより強化させてウイルスからしっかり体を守ることが出来るようになります。

 

次のページでは、プラズマ乳酸菌を使って行われたテストとその効果についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す