おせち料理の子供向けの意味や由来は?喪中の時の過ごし方は?

ojyu

お正月に食べる食べ物と言えば、お雑煮や年越しそば、お餅など様々ありますがおせち料理も欠かせないですよね。

 

お正月に食べる食べ物の中でも豪華で派手なイメージもあるおせち。お正月に食べる風習があるのは一体なぜなんでしょうか。

 

子供に聞かれても、納得してもらえるような説明がしっかりと出来たら良いですよね。

 

そこで今回はおせち料理を食べる子供向けの意味や由来、喪中の時などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おせち料理を食べる意味を子供向けに説明すると

 

お正月になると、毎年どの家でもおせちを食べるというケースは多いと思いますがなぜ定番になっているのか考えてみても昔からそうやってきたのでなぜかは分からない人も多いのではないでしょうか。 

 

おせち料理は、その年の豊作を祈って食べる庶民のご馳走、武家のお祝いとしての料理などが混ざって出来た料理なんです。

 

おせち料理に保存の効く料理が多いのは普段家事で忙しい主婦の為に、せめて正月三が日だけは家事から解放するという意味合いも含まれています。

 

365日休みなく家事を続けるのは本当に大変なことなので、その期間だけはしっかり休養して欲しいという思いが込められているんですね。

 

また、おせち料理を食べることで家事をしない=火を使わないということになるので、災いを避けるために日常的な行動を一定期間控えるという「物忌み」の意味も絡んでいると言われています。

 

年末から年始にかけては何かと忙しい日が続きます。

 

そんな忙しい中火事やそれに関連する災難が起きてしまったら年始からせっかくの晴れやかな気持ちが暗くなってしまいますからね。

 

そうならないようにする為にもおせち料理は欠かせないんですね。

 

 いつも家事で忙しいお母さんが唯一休み、家族みんなで過ごせるようにしたもの、良いお年を迎えられるように災難を防ぐためのものなど、家族が安心して新年を迎えられるようにするために色々な役割をしているのがおせち料理なんですね。

 

こんな感じで子供に説明すると、なんとなく意味は理解してもらえるかもしれません。

 

次のページでは、おせち料理が食べられるようになった由来についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す