ミドリムシが持つ59種類の栄養素とは?効果と主な飲み方。

 

leaf-318667_1920

 

ミドリムシとは、豊富な栄養を含む生物のことでそれを体内に取り入れることで健康に良い効果が得られると言われています。

 

ミドリムシと名前にムシが付いていても、本当の虫ではなく実際は藻の仲間になります。

 

飲食店でもミドリムシ入りのドリンクがメニューにあったりと、食用として気軽に取り入れられるようになってきています。

 

今回はそんなミドリムシの栄養や効能、飲み方と副作用などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミドリムシにはどんな栄養がある?

 

sea-816740_1920

 

ミドリムシは藻の一種に分類されますが、動物と植物の両方の性質があるという少し変わった生物なのです。

 

魚類に豊富な不飽和脂肪酸、肉類に多いアミノ酸、果物や野菜に多いミネラルビタミンなどをバランスよく含んでいるのが特徴になります。

 

その栄養素の種類は、なんと59種類にも及ぶと言われています。

 

ミドリムシが持つ特有の成分にはパラミロンという物質があり、体の中の老廃物を吸収してコレステロールを取り除いたりプリン体の吸収を抑えるなどの働きがあります。

 

動物の細胞には細胞壁は存在せず細胞を覆う膜だけなので消化しやすいのですが、植物には細胞壁が存在します。

 

人間にはこの細胞壁を分解する酵素が無いため、植物を消化しようとすると効率が悪くなり栄養の吸収があまり出来ないのですが、ミドリムシは細胞膜だけなので消化吸収しやすいこともまた一つの特徴です。

 

そんなミドリムシには、人間の体に与える良い作用が色々とあると考えられています。

 

次のページでは、ミドリムシの健康への効果についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す