L8020菌は虫歯・歯周病の予防になる?その効果・食べ方とは?

 

yogurt-1235365_1920

 

菌というと、なんとなく体に悪いような気もしますが菌によって良い菌もあれば悪い菌もあってある程度は体に必要な菌も存在します。

 

消化器官や口内には、一定の乳酸菌が常に存在しているような状態で体内の健康を保つのに役立っています。

 

しかし、ストレスや加齢によって菌が減少すると悪い菌に対抗する力が弱まり健康維持が出来なくなることがあります。

 

日本人は歯周病にかかる人が多く、子供でも大人でも虫歯になりやすい人も居ます。

 

それは、歯の磨き方だったり歯医者でのメンテナンスが少なかったりすることなど原因は色々ありますが丈夫な歯を保つためにL8020菌を摂取すると良いのだそう。

 

今回は、乳酸菌の中でも特に有能な菌であると言われるL8020乳酸菌とその効果、食べ方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

L8020菌ってどんな菌?

 

flower-122708_1920

 

乳酸菌には沢山種類があり、その数はなんと200種類以上にも及ぶほどであると言われています。

 

体に良い影響を与えるということはどの乳酸菌も同じですが、その種類によって作用も違ってきます。

 

乳酸飲料にはそのブランドが持つオリジナルの乳酸菌が含まれていたりして、食品からの摂取が容易になっています。

 

L8020菌は、「ラクトバチルス・ラムノーザスKO3株」というのが正式名称になり健康な子供の口内から発見された乳酸菌の一つなんだそう。

 

L8020というネーミングは、80歳になっても20本は丈夫な歯を残したいという思いから名付けられたのだとか。

 

80歳になっても、そんなに丈夫な歯が沢山あったら食べるのにも困らないですし見た目的にもメリットは多くありますね。

 

L8020菌を含んだヨーグルトやタブレットなどの食品の他に、マウスウォッシュなど様々な製品が出ています。

 

実は、この菌には歯を丈夫に保ち健康な口内環境を維持する働きがあるとされ注目されています。

 

次のページでは、L8020菌の主な効能についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す