保冷剤を使った消臭剤の作り方とは?靴の臭い消しにも効果的?

 

businessman-676354_1280

 

凍らせれば繰り返し何度でも使える保冷剤は、買い物した時にお店でもらったりケーキや生ものを買った時に付属でついてきたりで気付いたら自宅の冷凍庫に何個もあった、ということも少なくないと思います。

 

遠出する時やアウトドアで飲み物を冷やしたり、食材の劣化を防いだりと色々な用途に使えて更に携帯しやすいので何かと便利なアイテムです。

 

そんな保冷剤は、使っているうちに古くなると破れて中身が漏れたり数があまりにも多くなると冷凍庫のスペースも取るので処分した方が良いと考えることもあると思います。

 

保冷剤は中身を取り出せば消臭剤が簡単に出来てしまうので、中身が漏れてきた場合や冷凍庫に収まりきらずに邪魔になってきた場合は消臭剤として新たに活用するのが一番なのです。

 

家のイヤな臭いを消して、自分の好きな香りをふんわり漂わせるために活用しちゃいましょう。

 

今回は、保冷剤の中身の安全性と消臭剤の作り方、消臭効果の持続期間と使い終わった後の処分方法などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

保冷剤の中身の成分は安全?

 

water-424807_1280 (1)

 

保冷剤は触ると冷たいですし、保冷剤をつけることで生ものの品質も下がりにくくそのままの品質を維持しやすいです。

 

ですが、実は物を冷やす媒体なのではなく、温まるのを防ぐ働きがあります。

 

ほとんどのものは主成分が水で出来ていて、赤ちゃんの紙オムツなんかにも使われる少量の吸水性ポリマーが含まれています。

 

触ると柔らかくて、無色透明で無臭のジェル状になっています。

 

ちなみに、一般的ではない保冷剤として氷枕タイプのものがありますが、こちらはエチレングリコールという成分が含まれているので健康被害が起きる危険性もあるので要注意です。

 

劣化したものを、長期間そのまま使ったりずっと冷凍を続けていると稀に外袋が破けて中身が漏れてしまうことがあります。

 

保冷剤に氷がついていると思ったら、中身が漏れていたなんてことがたまにありますからね。

 

成分のほとんどが水であり安全性が高いので、触る分には大丈夫なのですがもし万が一小さな子供が沢山誤飲してしまった場合は、大量の水や牛乳を飲ませてすぐに医療機関を受診する必要があります。

 

毒性は無いのですが、保冷剤によっても含まれている成分が違うこともあり科学物質が少量ながら含まれているので手に付いたら石鹸で洗い流し、目に入ったら流水で洗い流すと良いと言われています。

 

私も保冷剤をついうっかり常温の状態で破裂させてしまったことがあるのですが、普通の無色透明のゲルといった感じでぷよぷよしていました。

 

おそらくですが、圧迫し過ぎて端から中身が漏れてしまったようです。

 

さっと水洗いして拭いて終わったのですが、肌が弱い人であれば必ずしもかぶれないとは限らないので手についたらよく石鹸で洗い流したほうが安心だと思います。

 

次のページでは、保冷剤を使った消臭剤の作り方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す