ヘルペスは目の周りにも出来る?症状と原因は?治療に眼帯は必須?

 

一般的にヘルペスと聞くと口の周辺に出来る水ぶくれを連想しがちですが、色々なところに出来るので瞼や目の周りに出来ることもあります。

 

目の場合は、早急に治療を行わないと視力の低下や最悪の場合は失明の危険もあるので気をつけたいものです。

 

なんとなくおかしな症状に気づいたら、早めに病院を受診して治療を受けるのが一番です。

 

今回は、ヘルペスが目の周りに出来る症状やその原因、受診すべき科や治療法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ヘルペスが目の周りに出来た時の症状

 

ヘルペスが目の周辺に出来ると、症状としては最初は目の周辺がなんとなくムズムズかゆみがあるような、チクチク・ズキズキするような痛みがあります。

 

目やにが出たり、腫れたり、目全体が充血してしまうこともありますが酷い症状が出る人も居れば気にならないくらい症状が軽いケースもあるようです。

 

その後水ぶくれのようなニキビのようなものが出来て、それがヘルペスだと見ても分からない場合もあります。

 

そして病状が進行すると痛みが強くなったり、水ぶくれが広がってしまいます。

 

放っておくと安静にしていても強い痛みに襲われたり、結膜炎角膜炎に発展することもあるそう。

 

吹き出物のようなものが出来て、触らなくても患部や周辺が痛むようであればヘルペスの可能性が高くなります。

 

ヘルペスが何で目の周りに出来るの?と思ったりしますが、体の片側であればどこにでも出来る可能性があります。

 

普段は三叉神経に潜んでいるヘルペスウイルスが体力や免疫力が落ちている時に、その人の体の中で一番弱い部分に出現するのでそれがたまたま目だったりするんです。

 

人によって出る部位は違いますし、水ぶくれに見えたり見えなかったりと見た目も様々だったりします。

 

なんかのアレルギーの発疹や虫刺されが治らないと思って病院に行ったらヘルペスだったなんてこともあったりします。

 

それぐらい見分けがつかなかったりするので、症状が進行してしまってから受診して治りが遅くなってしまうんですね。

 

次のページでは、目に出来たヘルペスはうつるのかについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す