古いお箸を使い続けたらダメな理由。捨て方は折るんじゃなく包むのが正解?

自宅で使っている自分用の箸が何膳かあるのですが、主にお昼用と夜用で分けて一日二膳を使っていて最近ふとお昼用に使っている箸がだいぶ古くなっていることに気づきました。

 

欠けたりヒビが入っているとかではないのですが、全体的に塗装が剥げてきた感じです。

 

そこでそろそろ処分しようかなと思ったのですが、そういえば箸って今までどうやって捨ててきたのか?覚えていないくらいあまり意識せずに処分してきたようです。

 

ですが、箸にも実は正しい処分の仕方があるようです。

 

そこで、今回は古いお箸を使っていると運気的に良くない理由、正しい捨て方と次に箸を購入する時に意識したいことなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

古いお箸を使い続けると運気が下がる?

 

箸も毎日使えば消耗品なので段々と古くなっていきます。

 

折れたりヒビが入ったり…ということがなくても、ちょっと欠けたり塗装が剥がれてきたりして古くなってきたなぁと感じた時点で処分するほうが良いです。

 

箸は、日本人なら毎日使うものだと思いますし一日に最低でも2・3回は使いますよね。

 

箸を使って食べ物を口に入れることで体に入るので、一度でも使った箸には魂が宿る運気に影響すると言われています。

 

箸を使うことで食事が取れる=食べ物に困らないということから転じて「健康」「長寿」の象徴でもある縁起の良いアイテムの一つ。

 

結婚式のプチギフトとして、プレゼントとして贈られることも多いものですよね。

 

魂が宿るということは、自分の分身が居るようなものなので古くボロボロになったままにしているよりも常に新しいものを用意したほうが気分的にも良いはずです。

 

箸は特に気の影響を受けやすく、金運・財運、家庭運などに影響すると言われているので古い箸をそのまま使い続けているとそれらの運気低下につながるかもしれません。

 

また、割り箸のように一回きりで使う長持ちしない箸は洗えば何回か使う事は出来ますが出来ればマイ箸を用意して長く使えるものを使っていくほうが良いようです。

 

割り箸はもともと使い続けていくためのものではなく使い捨てるものなので、衛生面でも万全とは言えないですからね。

 

箸の処分の仕方ですが、そのままただゴミ箱に捨てる人、一度折ってから捨てる人など様々だと思いますが一番は紙に包んで捨てるのが良いと言われています。

 

次のページでは、紙に包んで捨てる正しい捨て方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す