エビデンスの意味と使い方とは?

hand-895588_1280ビジネス用語の一種として仕事で頻繁に使われる横文字には、様々なものがあります。

 

タスクやアジェンダ、キャパなんかもその一つでカタカナビジネス語とも呼ばれています。そして、エビデンスもその一つとなっています。

 

ビジネスで使うと言っても、会話の中で使う部分的な英語は英語が本当に解る人であれば逆に理解不能な場合もありますし意味がわからずに困惑してしまっている人も相当数いると言われています。

 

エビデンスに関しては、よく使われるカタカナビジネス用語の中でも上司が日常的に使っていてその意味が理解できずに困惑したり失敗してしまったことが多い用語としても知られています。

 

東京や大阪などの日本を代表する都会では、頻繁に使われているようですがそれでも認知度も理解度もまだまだ低いと言われています。

 

そこで今回はエビデンスの意味と使い方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エビデンスの意味とは?

control-427510_1280エビデンス、と言われてどんな言葉が真っ先に思いつくでしょうか。なかなか考えてもピンとこないという人の方が多いと思います。

 

使い方に慣れてしまえばスムーズに使えるようになるのかもしれませんが、それまでが大変だったりします。

 

ビジネスで特によく使われる横文字には、キャパ(capacityの略で容量、収容能力の意味)やアジェンダ(予定表、計画)、タスク(職務、任せられた仕事)などがあげられますがエビデンスもその中の一つです。

 

カタカナビジネス用語の難しいところは、意味もわかりづらいですが変に略して使うこともあるので一体何を伝えたいのかわかりづらいことにあります。

 

和製英語なんかも実際に英語圏の人にとっては英語では無いので本当に難しいと言われたりします。

 

カタカナビジネス用語も、日本独自の言葉として英語とは切り離して覚えた方が覚えやすいかもしれませんね。

 

一般的に普通の会話で使う言葉ではないので、あとは積極的に使っていくことで身につけていくしかないですね。

 

エビデンスというのは英語でevidenceで、「証言、証拠」という意味でビジネスでは使われます。「形跡、証言」などの意味でも使われます。

 

ビジネス、特にIT業界で日常的に使われることが多い横文字なんです。

 

実際に会話で使うとなると日本語の方がしっくりきて意味も伝わりやすいような気もしますが、英単語を覚えるという意味合いではビジネス用語として覚えておく方が良いのかもしれませんね。

 

次のページでは、ビジネスで使うエビデンスの使い方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す