空心菜炒めには栄養が沢山?新鮮な物をゲットするスーパーでの選び方とは?

thai-food-731937_1280

空心菜は、少し変わった名前の野菜ですが文字通り茎部分が空洞になっているので空心菜という名がついたそうです。

 

その空洞が、程よい空間を保っている為噛んだ時にシャキシャキと歯ごたえの良い食感となっています。

 

中華料理に使われることの多い野菜でスーパーでもよく見かけられるようになった空心菜ですが、実はとっても栄養があって体にも良い食材として注目されています。

 

今回は、そんな空心菜の栄養やベストな食べ方、新鮮なものを手に入れるためのスーパーでの選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

空心菜の栄養はとにかく色々ある

 

一見、淡白そうな空心菜には実は栄養がたっぷりと入っていて現代病予防に良い、現代人が不足している緑野菜の一つとなっています。

 

豊富なβカロテンは抗発ガン作用や免疫活性作用があると言われ、体内に入るとビタミンAとして摂取され粘膜や皮膚に作用するので視力改善や髪・肌に良いと言われています。

 

汗と一緒に失ってしまうカリウムもまた豊富なので夏バテ防止にもなるので、夏に積極的に摂りたい野菜でもあります。

 

6月後半から9月半ばころまでが旬となる野菜なので、夏の時期にはちょうど新鮮で美味しい空心菜が手に入るはずです。

 

また、ビタミンB1,B2はエネルギーの代謝を高めてくれるので、スタミナがつきます。

 

マグネシウムカルシウムビタミンKは骨を強くするので、将来的に骨粗鬆症のリスクを減らすことにもつながるでしょう。

 

鉄分葉酸も含まれているので貧血予防にもなりますし、食物繊維も豊富なので便秘改善や大腸がん予防にもなります。

 

こんなに色々と栄養が含まれている空心菜なので、食卓に取り入れないわけにはいかないのですが更に栄養が体内に吸収されやすいように食べ方にも工夫したいところです。

 

次のぺージでは、食べ方のレシピ、カロリーなどについてもご紹介していきます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す