「爪痕を残す」にはいい意味と悪い意味がある?誤用と使い方とは?

類語について

 

爪跡を残す、と似た意味で使われる類語には

「多くの被害をもたらす」

という本来の意味では

・猛威をふるう

・威力をふるう

・荒れ狂う

などといった表現があります。

 

現代風に解釈される、良い意味の類語として

「善行をして、名前を多くの人に知ってもらう」

という意味では

・名を馳せる

・名を轟かせる

・名を知らしめる

・良い評判を得る

・名声を得る

・高い評価を得る

などがあります。

 

人々に称賛されるような何かを成し遂げるという意味では、

・大きく貢献する

・成果を挙げる

・功績を残す

・結果を残す

・実績を出す

・足跡を残す

・手柄をあげる

などがあります。

 

また、歴史に名を刻むような何かを達成するという意味では、

・後世に名を残す

・歴史に名を連ねる

などといった言葉があります。

 

状況に合わせて、ふさわしい言葉を使うのが一番ですね。

類語にも色々なものがあるので、合わせて覚えておきたいものです。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

・爪跡を残すという表現の本来の意味と良い意味で使う表現

・誤用や使い方

・類語

などについてご紹介しました。

 

意外なことに、調べてみると言葉の誤用ってけっこう多いんですよね。

むしろ、使っている言葉のほとんどがもしかすると誤用ばかりなのかもしれません。

 

でもそれは日本語だけではなく、外国語も同じようにあることだったりします。

 

本来の使い方で言葉を使うのが絶対に正しいというわけではないんですが、現代で普通に使われている言葉と本来の意味を合わせて覚えておくのが一番良いかもしれないですね💡



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket