多くの人は、アンハッピーエンドよりもやっぱりハッピーエンドで締めくくられる映画のほうが良いはず💡

幸せな最後で終わったほうが、見ているこちらも幸せな気持ちになりますからね‼

 

でも、たまには後味の悪いアンハッピーエンドな映画を観るのも良いもの(´ω`)

現実では良いことばかりではないですし、むしろ上手くいかないことが多いものだと思うのでより現実的なアンハッピーエンドな映画に共感できる部分も多いからです。

 

「いつも似たような映画ばかり見てるから、たまにはちょっといつもとは違うタイプの映画も観たいなぁ」

「現実的で色々考えさせられる、切ない映画もたまには観たい!」

そんな人にはアンハッピーエンドな映画もおすすめです。

 

今回は、私が個人的におすすめするアンハッピーエンドな映画(洋画のみ)5選をご紹介したいと思います✨

「後味が悪い!でもたまに観たいアンハッピーエンドなおすすめ映画5選」の続きを読む…

2002年公開の映画、マイノリティリポートを見たんですが今から16年も前に作られたとは思えないくらい近未来な作品でした✨

 

SF苦手なんですが、今の科学技術が進化したらきっとこうなるんだろうなぁと思えるようなリアルさがあって、近未来だけどあまりそう遠くはない未来という感じ。

なので、かけ離れすぎて現実感がないSF映画が苦手な人でも楽しめるかと(‘ω’)ノ

 

また、普段予知夢や正夢を見る人は出来ることなら何か悪いことが起こる前に食い止めたいと思うものですよね?

 

この映画ではそれを実現してくれているので、予知夢が行きつくべき理想の形だなと思いました。

「映画マイノリティ・リポートを見て予知夢の理想形を見た話」の続きを読む…

2010年公開の映画、インセプション

ストーリーや映像が面白いと話題になった映画ですが、先日初めて見てみました。

 

SF映画ということだったので、近未来とか宇宙人とかそういう感じかと思っていたら夢や潜在意識に関わる内容だったので見ていてすごく興味深かったです。

 

夢なら誰もが見るものなので、この映画を観て

「なんかこの感じわかる…!」

と思う人も多いのではないでしょうか❓

 

人の夢の中ってのぞくことが出来ないので、自分以外の人はこうやって夢を見ているのかなぁと思ったら夢って不思議で奥深いなと思いました(´ω`)

 

今回は、

・インセプションのあらすじ

・みどころと感想

についてご紹介します。

「映画「インセプション」に見る夢の不思議さと奥深さ」の続きを読む…

先日、なんか怖い映画が見たいな~と思って候補に挙がったのがスプリット

パッケージがなんとなく奇妙な感じだったので迷ったのですが…想像していたより見応えのある映画で選んで正解でした‼

 

二重人格・多重人格の映画はこれまでにも見たことがあるのですが、スプリットはまた違いました。迫力が!

というのも、実話ではないですがそれにかなり近い映画だったからです。

 

また、スピリチュアル的な面からみても色々と考えさせられる映画だったので、今回はスプリットのあらすじや感想についてまとめてみました。

「実話に近いフィクション映画!「スプリット」のあらすじと感想」の続きを読む…

結構前の話なんですが、映画「127時間」を観ました💡

登山家の男性がある日渓谷歩きに出かけたところ、落石事故に遭い身動きが取れなくなってしまうという内容です。

 

この映画では、過酷な状況で人の生きる力を見せつけられるので色々なことを考えさせられると思うのですが、個人的に印象に残ったのが主人公が予知夢を見るシーン

人ってこんな風にも予知夢を見ることが出来るんだ…と見てビックリ。

 

その予知夢が実際に現実になる…ということで、やっぱり予知夢は確実に存在するし、それが未来の自分を助けるきっかけにもなるんだと確信しました。

なぜなら、この映画はただの作り話ではなく実話だからです。

 

今回は、

・127時間のあらすじ(ネタばれ注意)

・予知夢の謎と神秘性

についての考えをまとめています。

 

※始まりから結末まで書いているので、まだ映画を見てないorこれからゆっくり見たいから内容は最低限で良い!という人は先に予知夢の謎と神秘性へ。

「未来からのメッセージ!「映画:127時間」に見る予知夢の謎と神秘さ」の続きを読む…