カサブランカの花言葉と由来。大好きな人に贈る花束として最適!

花束を贈るのにふわさしいシチュエーション

 

素敵な花言葉があるカサブランカですが、実はそれだけでなく花束を贈る人と受け取る人の二人を強い絆で結んでくれるという言い伝えが昔からあります。

 

永遠の絆という意味合いがあるからこそ、結婚式でよく使われるのです。

なので、大事な人、自分にとって特別な人に贈るのにピッタリの花。

 

結婚式以外にも、プロポーズの時、誕生日などとしてもよく贈られますがそれ以外にも胡蝶蘭に代わって開店祝い、開業祝いなどに贈られることも多いです。

 

真っ白で大きめの花弁が豪華な印象ですがバラやガーベラなど、他の花と混ぜても華やかで素敵ですよね。

スポンサーリンク

相手の好みに合わせて、カサブランカだけでも良いですが他の品種も合わせてアレンジするのも良いですね。

 

また、母親になったばかりの女性の美しさのシンボルとしての認識が古くからある為、出産祝いとして贈るのも良いでしょう。

 

子供が生まれたお祝いに、お金を包んだり何か使えるものを贈るのも良いですがお花も良いですね。

 

大事な友人、兄弟などで出産祝いとして贈り物をする時はお花が好きな人であれば特にカサブランカを贈ると喜んでもらえそうです。

 

もらうことはあっても、自分でなかなかカサブランカを買って飾るというのはない機会だと思いますからね。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

・カサブランカの花言葉

・名前の由来

・贈り物として喜ばれるシチュエーション

などについてご紹介しました。

 

見ているだけで自然と笑顔になるような魅力のあるカサブランカは、一輪一輪が大きめなので数本あるだけでもかなり見応えがあります。

 

異性はもちろんのこと、同性が贈る花としてもとても喜ばれるので色々なお祝いにおすすめです。

 

お花はあまり贈り物として贈ったことがないという人も、是非特別な人へ特別な日に贈ってみてはいかがでしょうか(*’ω’*)

 

その他ユリに関連する記事はこちらもどうぞ。

関連:ウバユリとオオウバユリとの違いは?春と秋で違う美味しい食べ方

関連:オニユリのむかごの時期はいつ頃?食べ方は炊き込みご飯が良い?



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket