疲れたら動物を見よう!なぜ癒されるのか癒し効果について考えてみた

最近、仕事の合間にワンちゃんの動画ばかり見ています🐶

ただただ可愛いなと思うようなものもあれば、思わずプッと吹き出してしまうようなものもあったり。

 

で、気づくと大幅に休憩時間をオーバーしていて慌てて仕事に戻るという感じです。

ちょっと疲れたなぁ…という時にふと動物を見るとすごく癒されることってありますよね(^^)

 

動物をちょっと見たり触ったりするだけで癒されるのはなんでなんだろう?

ふと疑問に思ったので、今回まとめてみることにしました✨

スポンサーリンク

動物に癒される理由5つ

 

ペットとしては、もっとも身近な存在の犬や猫が代表的。

特に犬は、セラピードッグとして心のケアに欠かせない存在でもありますよね。

 

その理由は以下5つ👇

 

無償の愛、親しみ、尊敬の心を持っている

人間とは言葉が通じない分、表情や動作でコミュニケーションを図るため仕草や鳴き声などでその愛らしさや素直さが伝わってくる

気持ちを読み取るのが得意で、悲しい時はそばに寄り添い嬉しい時は一緒に嬉しそうにしてくれる

一緒に遊ぶことでリフレッシュできる

見たり触ることで刺激を受けてオキシトシンが分泌される

 

オキシトシンは、幸せのホルモンと呼ばれ愛情を感じる働きをしている物質。

分泌が多くなればより幸せを感じやすく、癒しを得やすいです。

 

痛みに耐性が出来て、心が安定するということからオキシトシンの分泌を促すことは心の健康にも良いと言われているんですね。

オキシトシンを増やすには、スキンシップを図ったり感動する本や映画を観ること💡

 

それ以外には動物と触れ合うことも良いんですね。

関連:オキシトシンの効果と持続する期間は?増やす方法とは?

 

すべての動物に当てはまるわけではないと思いますが、こういった共通点を持っている動物は多いと思います。

その結果、人は癒しを得ることが出来るのではないかと思います。

 

子供にとってのぬいぐるみのよう

 

人間にとっての動物は、例えるなら子供にとってのぬいぐるみのような存在なんだと思います。

ぬいぐるみはおもちゃなので、生き物である動物と同じではありませんが…

 

でも、子供にとってはふわふわして可愛くて元気がもらえる存在で、いつも一緒に遊んだりそばに居ないとダメで。

大事な友達のような家族のような感覚だと思うんです✨

 

それは大人にとっての動物との関係も同じようなことが言えるのではないかと。

子供の頃にそういう経験をしているから、動物にも同じように癒されるのかなとも思います。

 

疲れたりストレスが溜まった時は動物観賞しよう

 

既にペットを飼っている人であれば、より多くの時間をペットと過ごすことで癒し効果は増すと思います。

 

でもペットを飼っていない、飼えない環境の人は動物と触れ合う機会はあまりないですよね💦

 

最近はカフェで動物に触れ合うことが出来るようになりましたが、そんな時間もあまりない人は動画を見るだけでも良いと思います。

私は先日HACHIの映画を観て感動しました✨

 

何回見ても良い映画だし、HACHIが本当にかわいくて癒されますね。

動画だとユーチューブで秋田犬ゆうきくんをよく見ています(*´ω`*)

げんきくんの時からずっと見ていて、毎回ほっこりしています。

わんちゃんが可愛いのもそうですが、飼い主さんも本当に大好きなんだなぁとその愛情が伝わってくるのが良いですね。

 

数分で終わるくらいの短い動画が多く見やすいのでおすすめですよ

ただし、ついつい見過ぎてしまう可能性があるので時間を決めてみると良いと思います‼



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す