人生は点と点のつながり。だから今迷いや後悔があっても信じて進んでいくべき

スティーブジョブス氏が残した名言「人生は点と点のつながり」。

 

2005年にスタンフォード大学の卒業式で行われたスピーチでは、3つのメッセージが込められていましたがそのうちの一つがこの点と点のお話です。

 

私はこのスピーチをだいぶ後になってから動画で見たのですが、すごく共感できる部分がありましたし励まされたような気にもなりました。

 

もし、今迷いや後悔があって自分のやっていることが本当にこれで良いのだろうかと不安に思う方が居ればそれでも自分を信じて突き進んでいってほしいです。

 

今回は、人生をより幸せなものにするために必要な「点と点をつなぐ」ということに焦点を当ててまとめてみました。

 

今迷いがある方の応援になればいいなと思います。自戒も込めて。

スポンサーリンク

人生は線ではなく点の連続という自覚

 

自分の夢、やりたいこと…目標が大きければ大きいほど、

「自分が選んだ道はこれで良いのか?」

「本当に正しい選択だったのか?」

と、悩むことが多いと思います。

 

それは、多くの人にとって「人生は線である」という認識が頭の片隅のどこかにあるからだと思うんです。

 

今いる地点が全ての結果であり、線の終わりなので今の姿だけを評価しがちなんです。

 

なので、自分が掲げた目標が達成できていない人や当初考えていたこととは違う決断をしてしまった人は

「失敗だったのでは?」

「こんなはずじゃなかった…」

と自分を否定してしまいます。

 

でも、人生は実は線ではなく点と点が連続したものと考えたら今いる地点が結果ではなくなります。

 

今の地点から点を更に増やして進んでいってから、線を結ぶことが出来ます。

 

過去にやったことも、今やっていることも全ては未来の点につながっていると思えば今自分がやっていることも間違っていないと思えるはずです。

 

自分を否定することだけはダメ

 

今の地点を、今目に見えている結果だけで自分を判断してはダメです。

 

人から批判されようと、いくら人と違う変わった人生だと言われても自分だけは自分のことを否定してはダメなんです。

 

自分が否定してしまったら、頑張れなくなりますし本当に自分がやりたいこと、やり遂げるべきことが出来なくなってしまうからです。

 

自分の成長にもつながりません。

 

線ではなくて、点と点が連続しているので後で振り返った時に点をつなげて線にすることが出来ます。

 

今自分がやっていることを信じて、今の自分も点として未来につながっていくと信じないといけません。

 

今の自分を信じて、今やっていることを継続して極めていくことが大事なんだと思います。

 

人と比較せず、自分の未来のために今目の前にある事に集中して進んでいくことが大事。

 

無駄なことなんて一つもない

 

よく、

「人生には無駄なことなんて何一つない」

「人生で経験したことのすべてが財産になる」

と言われますが、点と点をつなぐということもそれと同じことが言えると思います。

 

その時その時が点だと思えれば、後になってから点同士を結べば線になる。

 

全ての点をつないで一本の線にすることが出来たら、無駄なことなんて何一つないと思います。

 

今やっていることが本当に正しいのかわからなくても、きっと未来では点がつながる時が来ると思って信じれば線になる時が来るわけですから。

 

まとめ

 

今やっていることに自信がない人ほど、この言葉に勇気づけられるのではないでしょうか。

 

私もこのスピーチを動画で見た時は、ちょうど新しい仕事を始めたばかりだったのでとても勇気づけられたのを覚えています。

 

どんなにリスクの少ないことでも、失敗しても自分の成長につながると思えることでも自分を信じて進んでいくというのは簡単なことではないです。

 

途中で迷ったり、自分の決断が本当に正しいのかわからなくなることもあると思います。

 

でも、そんな時に人生は線じゃなくて点の連続だと思えたら今のままで良いと思えます。

 

だから、もし人生に迷ったり悩んだりしたら自分が望む方向へと信じて突き進んでいってほしいと思います。



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す