防災食品で長期保存出来る人気食品5選!賞味期限が切れる前に寄付を!

非常時に使えるおすすめ食品5選

 

・調理せずに食べられるレトルトのお粥

・開ければすぐ食べられる缶パン

・フルーツや野菜チップも入っている子供も食べやすいシリアル

・ツナやさばみそなどの魚の缶詰

・ビスケットやクッキー

などがおすすめです。

 

カップラーメンを防災食として常備している人も多いですが、熱湯が必要だったり食べた後のスープの処理に困ったりゴミが出やすいのであまりおすすめはしません。

 

尾西のご飯 5年保存の非常食

非常食用のお粥は、温めなくても開封してそのまま食べられるものが多く塩分も適度にありますが優しい味わいのものが多く食べやすさがあります。

何より、水分が豊富なのも嬉しいポイントです。

 

三立カンパン

非常食と言えば、カンパンと言うくらい重宝できるものですが水分を欲してしまうのが難点。

最近では、バリエーション豊かな高級カンパンなるものも出ていて非常時はもちろん、普段も食べられるほど美味しいと話題です。

 

ミューズリー

シリアル、ミューズリーなどは他の非常食と比べると長くても賞味期限が一年位と短めですが無添加のものも多くビタミンがしっかりと取れそうです。

自然の味わいが食欲がない時でも食べられそうですね。

 

非常食小天狗おでんの缶詰「牛すじ・大根」

缶詰と言えば、コンビーフや煮魚などが多いイメージですがなんとおでんが詰まった缶詰もあります。

おでん好きな人、優しい味わいのものを用意したい時に良さそうです。

 

グリコ ビスコ 保存缶 30枚入(1缶)【防災用品】

非常時は、精神的なストレスから食事はあまり取りたくないこともあると思いますがお菓子だったらパクっと食べられることもあるのではないでしょうか。

ビスコからもおやつが出ているので、一つあるとなかなか使えそうです。

スポンサーリンク

非常食と言っても、食べ物なので必ず賞味期限があります。

 

賞味期限は大体半年以降を目安に2年から3年、長くて5年から6年くらいのものもあります。

 

期限が近くなったらなるべく食べるようにして新しいものを買い足していくのがベスト。

 

最近は、普通におかずとして出してもおかしくない質の高い美味しい非常食も多いので消費することに特に抵抗はないはずです。

 

数日なら良いかもしれませんが期限が切れてからかなり日が経ってしまったら、食べられないので廃棄処分する必要があります。

 

量が多い場合はフードバンクを利用しよう

期限が近くなってきたものの、量が多くて消費できない場合で賞味期限まで最低1ヶ月以上ある場合はフードバンクの団体に寄付をする手段もあります。

参考:フードバンク セカンドハーベストジャパン公式HP

(https://www.2hj.org/support/food/)

 

そうすれば、余っている食べ物を捨てずに必要とする人のもとに届けることも出来ます。

 

日本では食品廃棄量がかなり多いので、捨ててしまうよりは出来るだけ家庭で消費するか寄付をするほうがエコにもつながります。

 

賞味期限は出来るだけ把握するようにして、時々チェックをしながら食べなさそうなものは早めに処分を検討しましょう。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

・防災食品の選び方

・人気の食品

・賞味期限が切れそうになった防災食品の対処法

などについてご紹介しました。

 

「防災食の常備はいくつかのポイントをまとめて選ぶようにする」

「賞味期限前に消費して新しいものをストックしておくことを続けていくこと」

で、万が一の災害時の負担や不安を少しでも軽減することが出来ると思います。

 

実際に食べてみたら味が思っていたのと違った!ということにならないように、味見してみて好きな非常食を揃えておくというのも良いですね。

 

同じ食品でも、メーカーによって味が多少なりとも違うはずなのでお気に入りの非常食メーカーを探すのも良いかもしれませんね(^^)



PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket