トランス脂肪酸は体に悪い?その種類と多く含む食品を見分けるには?

 

hamburger-801942_1280

 

脂質は、人間の体にとって必要な要素の一つですがエネルギーが大きいので過剰に取り過ぎると逆に体に悪影響となることがあります。

 

そんな脂質の中でも、「クレイジーな油」や「食べるプラスチック」などと呼ばれるトランス脂肪酸。

 

海外では、健康被害のリスクを少なくしようとトランス脂肪酸の摂取の制限がある国も多いですが日本ではどうなんでしょうか。

 

そこで、今回はトランス脂肪酸の種類や多く含む食品やその表示と見分け方などについてまとめています。

スポンサーリンク

トランス脂肪酸ってそもそも何?

 

トランス脂肪酸は、主に植物由来の食用油の生成過程で高温で臭みを取るために作られる物質ですが、牛・羊などの動物の体内でも作られるものでもあります。

 

こういった、微量のトランス脂肪酸は加工食品だけでなく天然の食品に含まれることもあります。

 

多くの食品に含まれるものですし、少量であれば問題ないはずですが一定量以上摂取し続けると体に害を及ぼす危険性が注目されています。

 

主な健康被害

・心筋梗塞や狭心症リスクの増加

・肥満の発症

・花粉症や皮膚炎などのアレルギー疾患の増加

・婦人科系のトラブル

・免疫機能の低下

・認知症になりやすくなる

 

などの理由から海外諸国では禁止扱いとなっているところも多いですが、今のところ日本ではそこまで問題視されていないようです。

 

というのも日本ではそもそも禁止扱いにしている地域とは食生活の習慣が違うことと、トランス脂肪酸に何らかのリスクがあったとしても健康に悪影響が出る程過剰に摂取することは難しいことがあるからのようです。

 

ちなみに、トランス脂肪酸は1日当たり2g以下が平均の目安量となっているのでこの目安量は上回らないようにしたいですね。

 

次のページでは、トランス脂肪酸の種類についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す