適応障害の主な症状と原因とは?病院での治療法と自分で出来る対処法

 

 image

適応障害とは、特定の出来事や状況が本人にはとても耐えがたく辛いことのように感じられる症状のことをいいます。

 

その感情が、気分や行動に症状として強く現れるものなので自分がいる環境が合わないと感じ不調を感じてしまいます。

 

人は、成長していくごとに生活する環境も少しずつ変わってきますが新しい環境になじめないことが多く適応できないためにストレスが溜まってしまうようです。

 

適応障害の症状が感じられる場合は、一体どう自分と向き合い対処していくべきなんでしょうか。

 

今回は適応障害の主な症状や原因、治療法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

適応障害の主な症状とは?

image

適応障害の症状は、精神面では不安や焦りを感じたり、緊張、怒り、涙もろいなどの症状があります。

 

行動面では暴飲暴食、無断欠席、無理のある運動や危ない運転など極端な行動に出ることが多いようです。

 

その他にも、震えや動悸、多汗、めまいなども伴い、頭痛や腹痛、倦怠感など風邪のような症状が出ることもあるのだそう。

 

体の不調を訴えることから始まり、詳しく調べた結果体には何も異常がなく、問題を探っていくと適応できないことにストレスを感じていることが分かり最終的に適応障害であることが発覚します。

 

ストレスの原因となるものから離れることで症状が改善され、気分が落ち着いたり自分の好きなことや趣味に没頭出来るようにると言われています。

 

適応障害の原因は、人それぞれあるので自分はどんなものが原因で症状が出るのか理解することも大切です。

 

次のページでは、発症する原因・タイミングなどについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す