たんぽぽ茶の効能と作り方とは?味が気になる時はブレンドタイプが良い?

a0960_001611

お茶には色々な種類のものがありますよね。紅茶や緑茶、麦茶など色々なものがあります。

 

そんなお茶と呼ばれるものの中に、タンポポ茶がありますがこの場合たんぽぽの根の部分をコーヒー豆のように焙煎し粉にして飲みます。

 

そのため、お茶というよりコーヒーなので別名たんぽぽコーヒーとも呼ばれていますが、女性の体に嬉しい作用が幾つもあることで知られています。

 

そこで、今回はたんぽぽ茶の種類や味、主な作用、自宅で簡単に作る方法についてご紹介しています。

スポンサーリンク

たんぽぽ茶の種類と味

タンポポ茶はタンポポを使って飲料にするのですが、なかなかイメージがわかない人も多いと思います。

 

タンポポは、道端に良く咲いている雑草の一種くらいの印象しかないという部分もあるかもしれません。

 

でも、タンポポはコンクリートの中からでも一生懸命芽を出して花を咲かせる生命力が非常に強い植物です。

 

なので、そんなタンポポをもとにお茶にしたものが体にとっても良く特に女性の体に良いと言われています。

 

タンポポ茶にも種類が二つあり、葉を使って飲料にするタイプと根を使って焙煎しコーヒーのように飲むタイプの2種類に分けられます。

 

葉を使って飲料にするタイプにも、茎や根などの部位が使われることがありますが葉が成分の大部分を占めていることが多くこちらが一般的にタンポポ茶と呼ばれています。

 

一方、主に根を使って焙煎したものがタンポポコーヒーと呼ばれることが多いんですね。

 

葉のタイプはティーポットに入れハーブティーのような感覚で煎じて飲むのですが、ほんのり香ばしくて少し土のような香りもふわっとするものが多いです。

 

コーヒータイプは、実際にコーヒー豆を使うわけではないですが風味や飲み口がコーヒーと似たような感じがします。

 

根を焙煎し荒挽きの粉にしたものや、黒大豆や小豆等他の成分とブレンドしたものもあってそのまま飲むよりも飲みやすい気がします。

 

そのままで全然問題ない味であればブレンドしていないタイプのものをおすすめしますが、飲みやすさ重視だったり他のお茶が持つ作用も欲しいという場合はブレンドタイプの方が良いかもしれません。

 

次のページでは、タンポポ茶の主な作用についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す