そら豆が旬の時期はいつ?栄養は皮に多い?シワにならない茹で方・食べ方

 

eating-1223839_1920

 

そら豆は、西南アジアや地中海を原産とするマメ科の植物の一種です。

 

平たくてふっくら大きい実が特徴的で、小ぶりな豆類の中でも存在感があって食べ応えもしっかりとある味わい深いお豆です。

 

混ぜご飯の具材の一つにしたり、スープや揚げ物、炒め物など色々な料理に使われますが、そのままおつまみとしてもいただけるのもまた人気の理由の一つであったりします。

 

今回はそんなそら豆が旬の時期と実は皮に多栄養素、シワにならない茹で方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そら豆が旬の時期はいつ?

 

pea-801667_1280

 

そら豆は秋に種を捲いて春に花を咲かせ、その後収穫されます。

 

全国的には、一般的に旬の時期は春到来となる4月から夏になる前の6月頃までの間となっています。

 

そら豆の生産量は全体の3割近くを鹿児島が占めていて、その後に千葉や茨城などが続きます。

 

鹿児島など温暖な地域では、早いと年末くらいから市場に出るようになるので冬の間も旬のそら豆が楽しめるようになっています。

 

最近は、ハウス栽培の野菜も多いですし、日本は輸入食品も多いのであまり季節関係なく食べられたりしますが出来るだけ旬の時期に合わせて新鮮なものが手に入れられると良いですね。

 

旬の時期の食べ物は、栄養価が高く鮮度が良いので香りや食感が良いものが多いため美味しく食べられるはずです。

 

次のページでは、実は栄養価が高い皮・食べ方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す