嗚咽の意味と使い方とは?間違いは?

pencil-918449_1920

嗚咽とは日常生活でもよく聞く言葉の一つになりますが、意外と意味を間違って覚えていたり使い方が間違っていることが多い言葉です。

 

使い方が間違っていてもそれで意味が伝わったり、内容の認識があっていればそれで言葉が使えないということはないんですが正しい意味も知っておくと良いかもしれません。

 

間違って使ってしまう使い方と本当の嗚咽の意味と正しい使い方、また、似たような意味を持つ類語にはどんなものがあるんでしょうか?

 

今回は嗚咽の意味や使い方、間違いなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

嗚咽の本当の意味とは?

crying-729439_1920

嗚咽というのは、むせび泣くこと声を詰まらせて泣くこと、という意味になります。

 

普通、泣くということは悲しみや苦しみ、怒りや悔しさなどの感情によって涙を流すということですが、嗚咽はそれよりももっと内側にある感情が溢れ出るような感じで泣くといった感じです。

 

ただ涙がぽたぽたと流れるような感じよりも感情がより強いものなので、泣きながら声が漏れてしまったり抑えきれずに感情が高ぶってしまうような状態のことですね。

 

一般的には最愛の人との別れや何か大切なものを失った時など、人生で非常に重要な場面で嗚咽する機会があることが多いです。

 

それでは、次のページで正しい使い方と間違い、類語についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す