オートミールはダイエットに効果的?糖質制限に良い食べ方とは?

 

cereals-609243_1280

 

外国の朝食で良く食べられるオートミールですが、ダイエットに良いと日本でも注目されています。

 

最近は日本の輸入食料品店やスーパーを始め、日本でも手軽に買えるようになっていますよね。

 

質素で、一見あまり美味しそうには見えないかもしれませんがそれも食べ方次第で変わって来るようです。

 

そこで、今回はオートミールの効果とダイエットに良い食べ方についてまとめています。

スポンサーリンク

オートミールの栄養

 

オートミールは籾殻をとった「燕麦」を調理しやすくしたもので、燕麦にはビタミン類や食物繊維、カルシウム、マグネシウム、鉄など豊富な栄養素がつまっています。

 

似たようなもので、ミューズリー、グラノーラなどもありますがこれらに共通しているのはオーツ麦をメインに使っているということです。

 

そして、ミューズリーはオーツ麦に更にナッツ類、ドライフルーツなどを混ぜたものでオートミールよりもやや自然の甘さが感じられます。

 

グラノーラは、オーツ麦にナッツやドライフルーツ、シロップにオイルなどをかけてオーブンで焼き上げたものになります。

 

そのため、香ばしく甘くお菓子感覚で食べられるものが多くフレーバーも色々なものがあります。

 

ドライフルーツやナッツが多いミューズリー、グラノーラなどは脂質もカロリーもオートミールより高めなのでダイエットという目的ではオートミールをお勧めします。

 

一般的に100g当たりの白米には約5mgのカルシウムが含まれていますが、オートミールは9倍に当たる約45mgが含まれています。

 

鉄の場合は白米0.8mgに対し、オートミールは約4mgと5倍ほどです。

 

食物繊維であれば白米0.5g、オートミール9.5gとオートミールは白米と比べても何倍もの栄養素が含まれているんですね。

 

食物繊維は水分を吸収して膨らむという特徴があるので、少量でも腹持ちが良く時間が経っても極度にお腹がすくことが少なくなります。

 

食べている量は少ないのに満腹感が得られるのでダイエットにも良いと言われているんですね。

 

次のページでは、オートミールを食べることによって得られる作用についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す