入学式の母親のスーツはどこで買う?レンタルとどっちがお得?

新たな学校や場所で我が子の新たなスタートを祝う入学式。とても晴々しい気持ちになるのは、季節が春だからでしょうか。

 

毎年春になると、晴れやかな気持ちになれるのは桜が咲き乱れる日本の文化の一つなのかもしれません。

 

入学式は主役は子供ですが、保護者として参加する場合でも身だしなみやマナーには気を使うものです。

 

それぞれ予算もありますし、どこで買うのが良いのかどのくらいの値段を見ておけば良いのか悩むこともあると思います。

 

メインはスーツになりますが、合わせるバッグや持っていくスリッパなどトータル的に考えると必要なものを全て揃えようと思うとその分手間も時間もかかるものですしコーディネートってそもそも難しいものですよね。 

 

そこで、今回は入学式に出席する母親のスーツの購入場所、レンタルとどちらが良いのか、合わせるバッグや持っていくスリッパなど入学式に必要なトータル的なコーディネート、持ち物などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

入学式に出席する母親のスーツはどこで買う?

cherry-blossom-708292_1920

入学式に出席する際のスーツは既に持っている場合や、他の子どもの時に着たものがある場合は着回すという人が多いですが、新調する場合は百貨店、デパートで買う人が多いです。

 

その理由としては百貨店では様々なブランドが一斉に同じ時期にフェアをやっていることが多いので、一度足を運べば色々なスタイルのスーツが見られるからです。

 

品揃えも多いですし、実際に試着したり店員さんに最近の流行やアドバイスがもらえる点もメリットだと思います。

 

少々高額でもしっかりした物を一つ持っておけば長い間着回しが出来て心強いという人も多いようです。

 

価格はジャケットとスカート、若しくはパンツスーツでセットで4,5万円くらいからが相場のようですね。

 

トップス、ボトムスがそれぞれ安価でも上下合わせてトータルでとなると金額もそれなりにかかってきます。

 

経済的に済ませたい場合やもっと気軽に着れるのが一つ欲しいという場合は大型スーパーもおすすめです。

 

セットで大体1万円くらい、中に着るブラウスやアクセサリー、バッグなど小物を合わせても1万5千円前後くらいで全部揃えられます。

 

急な出費が重なって少しでも安く済ませたい場合や、落ち着いて百貨店に見に行く時間が取れない場合などは大型スーパーを利用してみましょう。

 

大型スーパーでもショッピングモールと一体型でデザインが良くて値段は安いというものも多いですからね。

 参考:入学式に出席する父親のスーツに関する記事についてはこちら

 

入学式に着るスーツに関しては購入するかレンタルするか迷うこともあると思いますが、スーツは組み合わせも変えられますしかなり着回し率が高い服です。

 

ジャケットとスカート、パンツ別々でも卒業式や参観日、謝恩会やパーティーなど様々な場面で使えるのでもし他に家に無いのであれば購入をお勧めします。

 

今回は家にあるものは着たくないという場合や一時的に体型が変わってサイズが合わなくなったという場合はレンタルしても良いかもしれないですね。

 

一つあるといざという時に新しく買わなくて済むので最低でも一つは持っておきたいものです。

 

レンタルであれば、送料込みで自宅まで届けてくれる通販サイトでのレンタルが便利だと思います。

 

レンタルサイトはドレスなどパーティー用のものが多いですが、CMでもお馴染みのDMM.comや楽天のレンタルドレスRANAは専門サイトとして有名です。

 

入学式にはハイブランドのバッグを持ってフォーマルに高級感を出すほうが良いのか、それとも荷物が多くなることを考慮してカジュアルでも容量の大きいものにするべきか迷うこともあると思います。

 

式にふさわしい服装にはスーツ、または着物になるので小物であるバッグもフォーマルなものにする必要があります。

 

フォーマルなバッグとはコンパクトで蓋のような「かぶせ」があるタイプのバッグのことで少し光沢のあるエナメルや布、革などの素材があります。

 

見ればすぐハイブランドと分かるロゴの大きなもの、デザインや柄が派手なもの、古くくたびれてしまったものはNGです。

 

どちらかというと機能よりも見た目のほうが重要視される傾向にあります。

 

靴が黒であればバッグも黒、他の小物がベージュならバッグもベージュと色合いを合わせてみましょう。

 

入学式のバッグとして無難な色は大体ベージュか黒なので、もし組み合わせに迷ったらどちらかの色をチョイスすると良いと思います。

 

どちらの色もどんなテイストの服にも合わせやすいので、他の用途で使えるかどうかも視野に入れるとより選びやすいと思います。

 

バッグの大きさに関しては大き過ぎると場所を取ってしまうので、大きくてもA4サイズまでのものにします。

 

市場に出ているものは冠婚葬祭用と兼用の物も多く、小ぶりでバッグというよりはクラッチという方がふさわしいものも多いです。

 

いずれにせよメインのフォーマルバッグの他にA4以上の大きさのものが入るサブバッグも必要なのでメインのバッグは小さくても問題ないはずです。

 

サブバッグはきれいな紙袋や布の袋で大丈夫なので入りきらないものはサブバッグを利用すれば大丈夫です。

 

よく、ブランドのバッグを入学式で持ち歩くと白い目で見られると言われたりしますが、それはそのブランドにもよります。

 

明らかにブランド品を持ってますと主張しているような凝った見た目のバッグであれば逆に品を落としてしまうこともあると思いますが、シンプルなものであればブランドを持つことが悪いわけではありません。

 

その状況にふさわしいバッグであればハイブランドでもノーブランドでも問題ないはずです。

 

 次のページでは、入学式に持参すべきスリッパについてご紹介します。  



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク





スポンサーリンク

コメントを残す