内反小趾はサポーターで改善!痛みの軽減にも良いおすすめグッズはどれ?

image3 (2)

内反小趾というのは、外反母趾と反対に小指の関節部分が突出して指先が内側に入ってしまう症状。

 

本来であれば、真っ直ぐに伸びている指先が内側に入ることで爪の先が隣の指に当たって痛かったり突出した関節部分が靴を履いた時に擦れて痛いことがあります。

 

酷くなると、痛みが強く歩くのも大変になってしまうので出来るだけ早い段階で足の動きをサポートし痛みを和らげ症状を改善させることが大事です。

 

今回は、外反母趾にも内反小趾にも悩む私が使って良かったグッズについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

症状改善と痛みの軽減に良いおすすめグッズ

 

今まで内反小趾用の靴や靴下、テーピングなど色々とあるグッズの中から片っ端から試してみたのですが色々な靴を履きたいのに専用の靴だけを履くわけにもいかず…

 

靴下は特殊な形のものが多いので、靴を脱いだ時に恥ずかしいなど色々な問題が出てくるようになりました。

 

テーピングに関しては、毎回巻くのが面倒で出来も毎回違うというのが難しいなという印象でした。

 

そこで、もっと気軽に何か使えるものはないかなと考えて調べた時に見つけたのがジェルパッドでした。

 

感触はぷよぷよとしていて、柔らかいゼリーみたいな感じなのでクッションのように痛みを吸収してくれる感じです。

 

これをつけたからと言って、劇的にすぐに症状が改善されるわけではないですが少なくとも痛みは軽減されるはずです。

 

なので、とりあえず先に靴を履くときの痛みを軽減させたいという人に良いと思います。

 

足の指のラインに沿ったコンパクトな設計なので、あまり靴の形を選ばないところも良いなと思いました。

 

内反小趾用の靴下やテーピングをしたままパンプスなんて履けないですからね。

 

足の甲がしっかり露出されるパンプスでもあまり見えないですし、素足にも装着できますが五本指靴下の上からでも装着できるので使い勝手は良いと思います。

 

使い続けていくと、徐々に小指が元の正しい位置に戻っていくような感じですがそもそも日頃から合わない靴を履いているケースもあるので一度靴やインソールも見直した方が良いでしょう。

 

次のページでは、病院での治療と対策についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す