水無月の和菓子の意味は厄除け?美味しい簡単レシピをご紹介

 

a0001_001273

 

京都で良く食べられる和菓子の一つである水無月。

 

白く三角形の形をしたういろうの上に、甘い小豆がずっしりと乗った夏によく食べられる和菓子です。

 

水無月、という名前を知っている人は多いと思いますが実はその意味や由来はあまり知られていなかったりします。

 

そこで、今回は和菓子の水無月の意味や由来、簡単に美味しくできるレシピについてまとめています。

スポンサーリンク

和菓子の水無月の意味は厄除け?

 

a0002_012126

 

日本人は、縁起担ぎ、縁起の良いことをするのが好きな人が多いと思いますが縁起の良い食べ物も色々とあります。

 

大体は、年末年始に食べられるお正月の食べものが縁起の良いものが多いですが実は夏に食べられる水無月も縁起の良い食べ物の一つです。 

 

京都では毎年6月30日は水無月を食べる日と定められていますが、これにはきちんとした理由があります。

 

新年が明けて半年たった頃に今までの罪や厄などを祓い、あと残りの半年を健康で無事に過ごすことが出来るように願って行われる神事「夏越祓」があります。

 

この時に、使われるお菓子が水無月なので6月になると京都では水無月が食べられるようになります。

 

三角の白いういろうの生地の上に小豆が乗っている水無月ですが、小豆には厄や悪事を遠ざける意味があり、三角の形には暑さを振り払う氷の意味が込められていると言われています。

 

6月はまだそこまで暑いわけではないですが、これから7月、8月と夏が本格的になると体調も崩しやすくなります。

 

なので、6月のうちに水無月を食べて元気に夏を乗り切れるようにする為の意味合いもあるんですね。

 

次のページでは、水無月が食べられるようになった由来についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す